• 你好~!欢迎来到萌娘百科!如果您是第一次来到这里,点这里加入萌娘百科!
  • 欢迎具有翻译能力的同学~有意者请点→Category:需要翻译的条目
  • 如果您在萌娘百科上发现某些内容错误/空缺,请勇于修正/添加!编辑萌娘百科其实很容易!
  • 觉得萌娘百科有趣的话,请推荐给朋友哦~
  • 萌娘百科群119170500欢迎加入,加入时请写明【萌娘百科+自己的ID】~
  • 萌娘百科Discord群组已经建立,请点此加入!

徒云八尾吕智

萌娘百科,万物皆可萌的百科全书! 转载请以URL链接形式标注源地址,并写明转自萌娘百科。
跳转至: 导航搜索
大萌字.png
萌娘百科欢迎您参与完善本条目☆Kira~
欢迎正在阅读这个条目的您协助编辑本条目。编辑前请阅读Wiki入门条目编辑规范,并查找相关资料。萌娘百科祝您在本站度过愉快的时光。
斩了!
Yaorochi02.png
基本资料
姓名 徒雲 八尾呂智あだぐも の やおろち
(Adagumo no Yaorochi)
别号 大蛇、八尾、吕爷
发色 黑发
瞳色 黑瞳
萌点 猫箱性别、武士、恋物癖
初登场作 连缘蛇丛剑
亲属或相关人
家人:徒云蛇穴丸
伙伴:片野宿祢

简介

徒云八尾吕智是日本的《连缘project》系列游戏及其衍生作品中的角色。

是大蛇一族仅存的二人之一,拥有神器蛇丛剑剑形开瓶器

基本资料

名片

姓名徒雲 八尾呂智 (あだぐも の やおろち) (Adagumo no Yaorochi)

中文名: 徒云八尾吕智

别号:大蛇、八尾、吕爷

称号:大蛇的末裔 (大蛇の末裔

种族: 大蛇(Orochi)

  • 有两种解释,一种就是大蛇,另一种是“像大蛇的妖怪”,因为八尾吕智是由族长的手腕变成的妖怪,那么族长就是大蛇。

住所:不明→宿祢的家

能力:横断丛云之类的能力 (雲を薙ぎ払う的な能力

人际关系

家人但未相认徒云蛇穴丸

伙伴兼同居人片野宿祢

登场作品

《连缘蛇丛剑》  六面BOSS
《连缘灵烈传》  可选自机、神社组四面BOSS
《连缘天影战记》  六面BOSS、可能的EX道中BOSS

主题曲

深い徒雲の下で 〜 Mow_Down!  在深邃徒云之下 〜 Mow Down!  《连缘蛇丛剑》
ただ空五倍子に、ただ一筋に  空五倍子色的专注  《连缘灵烈传》
薙ぎ払われた繋がり  被斩断的血缘  《连缘天影战记》

名字、称号等考据

名字:

  • 徒云:意为“即刻消散的云彩”,与“丛云”对应,含义不太好,很少用于姓氏。
  • の:一般用于豪族的姓与名之间。八尾吕智一族是统治数国的豪族。
  • 八尾吕智(Yaorochi):来自“八歧大蛇”(Yamadanoorochi),是日本神话中拥有八大头以及八大尾的巨型怪物,别称八俣远吕智、八俣远吕知,后被须佐之男以天羽羽斩(十拳剑)斩杀,在其尾部发现了神剑“天丛云剑”。

称号:大蛇的末裔 (大蛇の末裔

  • 八尾吕智是大蛇一族的最后一人。(在不知道还有蛇穴丸的情况下)

外貌

黑发黑瞳,斜扎着一条长辫子,穿着打扮类似于武士。身后有七条暗绿色的蛇尾(有一条变得很细很长缠在蛇丛剑上)。

在灵烈传中,把蛇丛剑放在剑鞘里带在腰间。

性格及其它相关事例

严肃、淡漠、单纯、纯粹,能够透过表面现象看到本质。

因为已经活了很久,所以见多识广,说话也带一点古风。

因为是手化成的妖怪,比较缺乏耐心,脑子也是一根筋。

事迹

连缘蛇丛剑

八尾吕智偶然间在片野宿祢的工坊里看到一把与自己(曾经)珍爱的神器蛇丛剑相同的土剑,于是决定把已经锈蚀的神器中的力量转移到土剑中,借此复活神剑。之后在巨大土制仪式场中进行神器复活仪式,导致仪式场上空丛云郁积,引得薮雨/玄鸟/黑巫鸟前来查探情况,于是便以来人进行试刀,但最终败北。

连缘灵烈传

八尾吕智因气候变得寒冷无法冬眠,请求两位神主解决未果,于是决定亲自出马,与片野宿祢一同查明异变原因。

死宛送到神社,但多余的灵魂并没有减少的迹象。等不及的八尾和宿祢决定动身去催促负责修理结界的人——瑞风天堺

之后,祂们一路上收集的灵魂被乞骸让让吸收,令其实力大增,但还是没能胜过二人。

连缘天影战记

作为强大的妖怪受到两方军队的邀请,但没有要加入战争的意思,一直待在仪式场寻求宁静。

符牌与技能

自机使用

Bomb:「雲薙ぎ」  「断云」

Flashbomb:黒朽縄 黑朽绳

  • “一朝被蛇咬,十年怕井绳”

连缘蛇丛剑

符牌原名 符牌译名 使用场合
毒牙「歯軋りする刃」 毒牙「蛇牙磨刃」」 Easy /Normal
「牙噛むは雄叫び天仰ぎ」 「磨牙含恨,仰天长啸」 Hard /Unreal
護牌「七堂伽藍の胎動」 护牌「七堂伽蓝的胎动」 Easy /Normal
「七つの尾」 「七条的大尾」 Hard /Unreal
降誕「割り裂かれる尾」 降诞「被斩裂的大尾」 Easy /Normal
「天羽々斬剣」 「天羽羽斩剣」 Hard /Unreal
斬整「土偶剪定」 斩整「土偶裁剪」 Easy /Normal
「斬切舞」 「斩切舞」 Hard /Unreal
込力「天の構え」 注力「天之架势」 Easy
溜力「蒼天の構え」 蓄力「苍天之架势」 Normal
抑力「雲薙ぎの構え」 抑力「断云之架势」 Hard
「色即是空」 「色即是空」 Unreal
「空薙ぎ」 「裂空」 Easy
「草薙ぎ」 「刈草」 Normal
「雲薙ぎ」 「断云」 Hard
「天薙ぎ」 「开天」 Unreal

连缘灵烈传

符牌原名 符牌译名 使用场合
酔剣「蛇殺酒」 酔剑「杀蛇酒」 Easy /Normal
泥酔剣「酔いどれ眼」 泥醉剑「烂醉之眼」 Hard /Unreal
「雲薙ぎ【鳥落】」 「断云【鸟落】」 Easy /Normal
「天薙ぎ【空墜】」 「开天【空坠】」 Hard /Unreal
斬調「土偶剪定・グロウ」 斩调「土偶剪定・生(Grow)」 Easy /Normal
(与片野宿祢共有)
掘削「ハニーワ・カッター」 掘削「埴轮切割者」(Haniwa Cutter) Hard /Unreal
(与片野宿祢共有)

连缘天影战记

符牌原名 符牌译名 使用场合
護牌「七堂伽藍の胎動」 护牌「七堂伽蓝的胎动」 Easy /Normal
「七つの尾」 「七条的大尾」 Hard /Unreal
降誕「割り裂かれる尾」 降诞「被斩裂的大尾」 Easy /Normal
「天羽々斬剣」 「天羽羽斩剣」 Hard /Unreal
斬整「土偶剪定」 斩整「土偶裁剪」 Easy /Normal
「斬切舞」 「斩切舞」 Hard /Unreal
込力「天の構え」 注力「天之架势」 Easy
溜力「蒼天の構え」 蓄力「苍天之架势」 Normal
抑力「雲薙ぎの構え」 抑力「断云之架势」 Hard
「色即是空」 「色即是空」 Unreal
「空薙ぎ」 「裂空」 Easy
「草薙ぎ」 「刈草」 Normal
「雲薙ぎ」 「断云」 Hard
「天薙ぎ」 「开天」 Unreal
「二つの煌き」 「二次的辉煌」 Easy /Normal /Hard /Unreal
技能原名 技能译名
雲薙ぎ 断云

雲薙ぎ 断云

『 太 美 妙 了 』
                   ——— 徒云 蛇穴丸

设定文档

连缘蛇丛剑

〇6面头目  大蛇的末裔
徒云 八尾吕智(あだぐものやおろち)
Adagumo no Yaorochi

种族:大蛇
能力:横断丛云之类的能力


八尾吕智的祖先是统治数国的豪族,
追根溯源还是皇亲国戚。
为这一族的繁荣立下丰功伟业的,
是上天赐予的传家之宝,一柄『剑』。
相传此剑一挥可横扫千万草木,甚至能斩断熊熊燃焰。

其他的强权势力和豪族无疑以此一族之力为心头之患,
便密谋抹杀该族的族长。
但是那个时代还没有多少人
敢与持剑的族长正面交锋。

于是其他的豪族们设下了鸿门宴,对族长灌下烈酒,
趁族长烂醉如泥时袭击了衰弱的祂。
心脏已然停止跳动的族长仍然没有松开手中的剑,祂们便切下了族长的手腕,
又将族长碎尸万段。
结果身为传家之宝的这柄剑也从紧握着它的手腕中被夺走了。

八尾吕智就是那时被斩断的手腕变成的妖怪。
八尾吕智背负着灭亡族人的怨念,
和几个同伴一起立誓向卑劣的强权者们复仇并振兴族业。
祂坚信着只要能得到那把剑,就可以实现自己的夙愿・・・・・

八尾吕智初次得以接触那把剑,
是在剑沉入大海之时。

八尾吕智立刻去追寻沉入海底的剑,但是没能找到。
最后找到剑是在祂跳入大海的数年后。
剑当然是锈迹斑斑,早已失去了昔日的威严和神通。
八尾吕智总算得到了一直渴求着的东西,
却没有萌生出任何的感情。
 
看到已经毫无昔日之影的传家宝的一瞬间,
八尾吕智似乎是解开了心结,
把剑安置在住所深深的储物间里,决心以后不再为了一族,
仅仅是为了自己而活。
也许正因为没能完成使命,
八尾吕智的心才从咒缚中被解放了。

―――说起来,活到最后的同伴们又在做些什么呢?
八尾吕智思考着这个问题,恍惚间已是隔世。



漫长悠久的岁月过去了。


八尾吕智过着闲云野鹤的生活。
心中已经毫无复仇之使命的记忆。

只是,好像有什么尚不圆满・・・心中还裂著一个口子。
心中一直存着可以说是空虚感的芥蒂。
对自己过去的行动也存在着很多疑问,
但祂已经不想再管这些了。

这时,祂在散步途中发现了一栋完全以素烧胚泥制成的珍奇建筑,
由著兴趣向里望了一眼。
室内陈列著不少土制艺术品(?),
称不上是有妥善整理过的房间。
尽管八尾吕智看到这么多土器就已经惊呆了,
祂还是在这里看到了一样令祂难以置信的东西。

是那柄剑。

不,准确来说是一柄和那柄剑外形相差无几的土制之剑。

映入瞳中的光影产生了冲击,
掀起曾沉淀著的记忆。
心中那份残缺的真身暴露无遗。
一直以来不敢正视的记忆也被唤起。

降生时便伴随着的,剑的记忆・・・
从先祖继承下来的种种回忆中对剑的思念・・・
剑伴身侧一起度过的岁月・・・
和身经百战的剑共同作战・・・
对至死不松开的剑的感情・・・

是的,我爱着它。

自己的血肉至亲有多么深爱这柄剑,
八尾吕智并不知道。
但明明从没握过,却能感觉到它腐朽前的模样・・・

所以我爱着它。
只是深爱着它。

但再也找不到它了。

发现锈剑时的失落感,
心中突然消失的障碍,
将剑封存起来的理由,
一切都连接了起来。

八尾吕智并不是为了复仇或者振兴家业才想得到剑的。
只是,深爱着剑本身而已。
从先祖那里继承的爱意,这才是祂想取回剑的原因。
但是,八尾吕智怎么也没法相信那柄锈剑
就是自己一直深爱的剑。

然而那柄确已亡失的深爱之剑,现在正在自己眼前。
虽是土制,又有些许瑕疵,但诚然为同一事物,
甚至能感到微弱的灵力。

在八尾吕智心中长眠的思念一瞬间勃发了。
八尾吕智下意识地决定侵入建筑夺取该剑。

就在这时,祂撞见了刚回来的建筑的主人『片野 宿祢』。

但宿祢似乎是以为八尾吕智正为自己的创作而着迷,
并没有起什么疑心,
就邀请祂进入建筑,开始吹嘘自己的作品。

确实,宿祢的每一件作品都让人感觉到不可思议的力量。
并不是说有着多高的艺术价值,
而是说能感到祂在诉说心中的古老记忆。
・・・但是,也有什么尚不圆满。和自己一样有一处残缺。
八尾吕智通过同类人的共鸣了解到了这一点。
那把剑似乎也是宿祢的作品之一。

这是何等的偶然・・・
不,这是这个人的天赋之才所创造的奇迹吧。

于是八尾吕智谎称自己是神司,
拥有宿魂于物之能。

祂(发自内心地)称赞了宿祢的作品,并
「宿祢的作品都非常完美,但都称不上完成。
 请一定借一件作品给我。
 我会让魂寄宿在它内部,让它成为完成品。」
这样提案道。

宿祢欣喜地交出了作品。
宿祢似乎还没有意识到自己的每一件作品都是未完成的。

当时八尾吕智所选的作品,无疑是那柄剑。
自己当然没有让魂寄宿于物的能力・・・但是,
能把自己所持的锈剑中的力量迁入这把土制之剑的话,
曾经的威严也能重现吧。

迁魂时,为了不让力量逃逸,需要一个『容器』。
于是祂打算让宿祢制造一个巨大的土制『容器』作为仪式场,
在仪式结束前隔绝任何人进入,
・・・这么和宿祢说了。

八尾吕智拔出了藏在住所储物间里的剑。
祂把它和那把土制之剑并排刺进地面,开始了仪式。

力量开始转移时,锈剑开始破碎,
外面的天空中聚起了丛云。 
八尾吕智和宿祢二人的心中充满了期待。

仪式持续了数日之久。
仪式时祂一直担心宿祢会不会因为惦念而闯入,
但看来宿祢还是决定在外头等待著作品的完成。
八尾吕智渐渐地因自己的谎言而感到了罪恶。

仪式将要终结的时候,外面传来了巨大的声响。
看来有碍事的人来了。
但是剑的力量已经转移了九分九厘。

就拿这人来试刀・・・

八尾吕智拔起土制之剑,将刀身轻轻叩击地面。
一瞬间,土制之剑的表层碎裂开来,内部是一柄光辉璀璨的剑。
初次握在手中便有肌肤之亲般的怀念。

在遥远的曾经梦想着的深爱之剑・・・
百感交集间,祂牢牢地握紧这柄剑,
为迎击侵入者往仪式场的顶层走去。

祂的眼中再无复仇之心。
一族的复仇和振兴对祂已经毫无意义。
八尾吕智从遥远的过去一直追求着的・・・
・・・只是对剑的爱恋而已。

祂剑指苍天时,丛云应势碎裂,
阳光从云断处投射下来,朗照着八尾吕智。
宛如上天为这一人一剑的悠久之重逢而赐下祝福一般・・・

低吟著从古至今有着不同称谓的剑的名字,蛇起舞了。


心中的残缺已被填满的八尾吕智,
瞳中除了剑的身影再无他物。

日文原文

〇6面ボス  大蛇の末裔
徒云 八尾吕智(あだぐものやおろち)
Adagumo no Yaorochi

种族:大蛇
能力:云を薙ぎ払う的な能力


八尾吕智の先祖は几多の国を治める豪族であり、
元を辿れば皇族でもあった。
その一族が栄える际に大きな役割を果たしたのが、
天から赐った家宝である一振りの『剣』だった。
その剣は一振りで千の草を薙ぎ、燃え盛る火焔でさえ切り舍てたという。

当然他の権力者达や豪族达はその一族の力を胁威に思い、
一族の首长の抹杀を狙っていた。
だが、剣がある限りその长と真っ向から戦える者は、
その时代に多くなかった。

そこで他の豪族达は、とある祝いの席を伪りその长に非常に强い酒を盛り、
长が泥酔し衰弱した所を袭撃した。
心の臓が止まっても尚、剣を离さなかった长は、その腕を切り落とされ、
身体をバラバラに切り裂かれた。
结果、家宝であるその剣は、握っていたその腕ごと强夺された。

八尾吕智はその时に切り落とされた腕が化けた妖怪であった。
八尾吕智は灭びた一族の无念を呑み拥き、
数人の同士と共に卑劣な権力者达への复雠と一族の再兴を誓った。
剣さえ手に入れれば、自らの切望が叶うと信じて・・・・・

そんな八尾吕智に初めて剣を手に入れる机会が到来したのは、
剣が海に沈む时だった。

八尾吕智はすぐに沈み逝く剣を追ったが、见失ってしまい。
结局それが见つかったのは水に飞び込んでから数年后となった。
当然剣は锖び果て、当时の威厳も霊験も既に无くなっていた。
あれほど希っていたものを手した八尾吕智は、
何の感情も芽生えはしなかった。
 
もはや见る影も无くなった家宝を眺めている内に、
八尾吕智はどこか吹っ切れたのか、
剣を住み家の物置深くに仕舞い込み、一族の为ではなく、
自らの道を生きていこうと决心した。
使命を果たす事が出来なくなったが故に、
八尾吕智の心は咒缚から开放されたのかもしれない。

―――そういえば、最后まで生き残った同士はどうしているのだろうか?
ふと、そんなことを思いながらも八尾吕智は历史の影に消えた。



永く远い年月が过ぎ去った。


八尾吕智はのんびりと穏やかに日々を过ごしていた。
もはや复雠という使命は心の片隅にも残っていなかった。

ただ、何かが足りない・・・心の中にポッカリと孔が空いている。
そんな空虚感とも言える蟠りをずっと抱いていた。
过去の自分の行动も、疑问が残る点ばかりであったが、
もはや気にしないことにしていた。

そんな时、散步の途中で全体が素焼きの土制作りの珍しい建物を见つけ、
兴味本位でその中を覗いてみた。
数々の土制芸术品(?)が陈列されている室内は、
とても整理された空间とは言えなかった。
その土だらけの光景に半ば呆れていた八尾吕智は、
そこで信じられない物を目にした。

あの剣がある。

いや、正确に言うと剣と瓜二つの形をした土制の剣だった。

瞳から入るその姿は冲撃を発し、
沈殿していた记忆が舞い上がる。
空いていた孔の正体が露になる。
今まで目を背けていた思いが呼び起こされる。

生まれ落ちた时からある、剣の记忆・・・
先祖から受け継いだ様々な记忆、剣への想い・・・
常に肌身离さず共に过ごした剣との日々・・・
共に数多の戦场を斩り舍ててきた剣との戦い・・・
死んでも尚、离すことのなかった剣への気持ち・・・

そう、爱しかったのだ。

自分の生みの亲がどれほどその剣に爱着を持っていたのか、
八尾吕智はその全てを知っていた。
持った事も无いのに、锖びれ果てる前のその剣の感触を覚えていた・・・

故に爱しかった。
只々爱おしかった。

だが失った。

锖びた剣を见つけた时の丧失感、
突如消え去った全ての栅、
剣を物置深くに仕舞い込んだ理由、
その全てに合点がついた。

八尾吕智は复雠や再兴の为に剣を欲していたのではなかった。
只々、剣を爱していただけだった。
先祖から受け継いだ爱、それ故に剣を取り戻したかったのだ。
だが、八尾吕智にはあの锖び果てた剣と爱しの剣とを重ねることは、
どうしても出来なかったのだ。

そしてその失ったはずの爱しの剣、それが目の前にある。
土制であるし、仅かに违う个所もあるが、それでもそっくりであり、
微弱ながら霊験すらも感じた。

八尾吕智の中で长い间眠っていた思いが一気に膨れ上がり。
八尾吕智は剣を手にしようと建物に侵入することを反射的に决意した。

その时、帰ってきた建物の主人『片埜 宿祢』と
ばったり出くわしてしまった。

しかし宿祢は八尾吕智が自分の作品に见惚れていたとでも
思ったのだろうか、八尾吕智のことは特に何の疑いもせず、
建物の中に招き、自らの作品を自慢し始めた。

确かに、宿祢の作品はどれも不思议な力を感じさせるものであった。
芸术的にどうこうというわけではなく、
心の内の古い记忆に诉えかけるような何かを感じた。
・・・が、何かが足りない。自分と同じで孔がある。
同属だからこそ、八尾吕智にはそれが分かった。
あの剣も宿祢の作品の一つらしい。

なんという偶然・・・
いや、この者の天赋の才が呼び起こした奇迹なのだろうか。

そこで八尾吕智は自らを神司と伪り、
物に魂を宿らせることが出来ると伪った。

そして宿祢の作品を(これは本心から)褒め上げ、
「宿祢の作品は素晴らしい物であるが、全て未完成だ
 是非一つ自分に贷してもらいたい
 そうすればそれに魂を宿し、完成品にしてみせよう」
っと提案した。

宿祢は喜んで作品を差し出した。
宿祢もまた、自分の作品がどれも未完成であることを自覚していたらしい。

そこで八尾吕智が选んだ作品はもちろんあの剣であった。
魂を宿すことなど自分には出来ない・・・だが、
この土制の剣に自らが持つ锖びた剣の力を迁せば、
当时のあの威厳が苏るだろう。

魂を迁すためには力が逃げないようにする为の『器』が必要だった。
そこで仪式场として宿祢に巨大な土制の『器』を用意させ、
さらに、仪式が终わるまで绝対に中に入って来てはならない、
・・・っと宿祢に言い闻かせた。

八尾吕智は住み家の物置に仕舞い込んでいた剣を引きずり出し。
土制の剣と并べるよう地面に突き立て、仪式を始めた。

力の転移を始めるや否や锖びた剣は见る见る崩れ落ち、
外では天に丛云が立ち込めた。 
八尾吕智と宿祢、两者の心中は期待で溢れていた。

仪式は数日に亘って続いた。
仪式中に宿祢が心配して中に入って来ないか心配だったが、
どうやら外で作品の完成を辛抱强く待っているらしい。
八尾吕智は次第に骗していることに多少の罪悪感を覚え始めた。

仪式が间もなく终わるその时、外で大きな音がした。
どうやら邪魔者が来たようだ。
だが、剣は既に九分九厘の力を転移し终わっていた。

试し斩りには调度良いか・・・

八尾吕智は土制の剣を抜き、刀身を地面に軽く叩きつけた。
すると、土制の剣は表面が砕け落ち、中から光り辉く剣が现れた。
初めて握るというのに自分の体の一部のように驯染む。

遥か昔に梦见た爱しの剣・・・
万感交到りながら、それを确と握り缔め、
侵入者を迎え入れるため仪式场の屋上に向かった。

その目には复雠心は全く无かった。
一族の复雠や复兴という目的など最早どうでも良かったのだ。
八尾吕智はただ、遥か昔に求めた・・・
・・・恋した剣が爱しかっただけなのだから。

剣を天に翳すと、天に蔓延っていた丛云は割れ、
切れ目から日の光が射し込んできて八尾吕智を照らした。
まるで天が一人と一振りの悠久の时を経た再开を祝福するかの如く・・・

数ある呼び名のどれとも违う剣の名を嗫きながら、蛇は舞った。


心にあった孔が满たされた八尾吕智の瞳には、
剣の姿しか映っていなかった。

连缘灵烈传

〇大蛇的末裔
徒云 八尾吕智(あだぐものやおろち)
Adagumo no Yaorochi

种族:大蛇
能力:横断丛云之类的能力

和八岐大蛇差了那么一点的妖怪。
对爱剑『蛇丛剑(开瓶器)』有着异常的执著。
最近久违地进行了舞剑,
开瓶的技巧也越来越熟练了。
但最近总感觉到被诡异的视线盯着。

火锅中最喜欢关东煮。

日文原文

〇大蛇の末裔
徒云 八尾吕智(あだぐものやおろち)
Adagumo no Yaorochi

种族:大蛇
能力:云を薙ぎ払う的な能力

もうちょいで八岐大蛇な妖怪。
爱剣の『蛇丛剣(栓抜き)』に异常なまでに执着している。
最近は久しぶりに剣の稽古をしているので、
栓抜きの扱い方にもなれてきた。
このごろ妙な视线を感じているとかなんとか。

ナベではおでんがスキ。

连缘天影战记

大蛇的末裔
徒云 八尾吕智
大蛇
横断丛云之类的能力

接近于八歧大蛇的妖怪。

对爱剑『蛇丛剑(开瓶器)』以外的事物
都没什么兴趣,
对这次的战乱也是漠不关心,
但是受到了来自双方势力的劝诱而感到为难。

虽然感觉到了诡异的视线,但还是决定去
和蛇丛剑相会的地方看看事态的发展。

日文原文

大蛇の末裔
徒云 八尾吕智
大蛇
云を薙ぎ払う的な能力

八岐大蛇もどきな妖怪。

爱剣の『蛇丛剣(栓抜き)』のこと以外は特に兴味はなく、
今回の戦乱も全く无関心だったのだが、
双方の势力から勧诱を受けていて迷惑している。

不気味な视线を感じながらも、蛇丛剣と出合った场所にて
事の成り行きを见ていた。

其它

  • 八尾吕智在使用剑的时候,斩击威力确实很高。
  • 是不喜欢喝酒的类型。
  • 八尾吕智的自机点阵图和同作者的视频《东方绘梦时空EX》中的神绮的点阵图有些相似。
  • 八尾吕智的尾巴可以自由伸缩,相比之下蛇穴丸的尾巴就没那么灵活。
  • 八尾吕智和蛇穴丸都有相似的魔炮一样的斩击(云薙、不绝尘缘之剑)以及魔炮根部都没有判定、都有相似的爆菊弹幕(四非、绝不消失的徒云)。
  • 在自己的仪式被搅和了以后,内心毫无波动地搅和了平文门的仪式。八尾:我也是最近才明白,仪式这种东西大概就是为了被阻碍而存在的
  • 《连缘天影战记》中出现的随机事件“酩酊”,可能就是与八尾吕智相对应的。

二次设定等

  • 普遍认为,八尾吕智缺少的那条尾巴在蛇穴丸身上。
  • “我永远喜欢八尾吕智”“八尾吕智永远不喜欢你,祂只喜欢剑”
  • 在新版蛇丛剑里终牌严重放水;在炸鸡里的技能惨遭削弱,护身斩击圈可以靠技能无伤钻进去,甚至身高都被削了,被认为是丧失了威严。大蛇:什么?你刚才说我的斩切舞怎么了?


相关链接

维基百科中该角色的页面及相关链接

为本页面评分: