• 你好~!欢迎来到萌娘百科!如果您是第一次来到这里,点这里加入萌娘百科!
  • 欢迎具有翻译能力的同学~有意者请点→Category:需要翻译的条目
  • 如果您在萌娘百科上发现某些内容错误/空缺,请勇于修正/添加!编辑萌娘百科其实很容易!
  • 觉得萌娘百科有趣的话,请推荐给朋友哦~
  • 萌娘百科群119170500欢迎加入,加入时请写明【萌娘百科+自己的ID】~
  • 萌娘百科Discord群组已经建立,请点此加入!

战刻夜血:织田信长

萌娘百科,万物皆可萌的百科全书!转载请标注来源页面的网页链接,并声明引自萌娘百科。内容不可商用。
跳转至: 导航搜索
Ca 001015001.png
基本资料
姓名 織田おだ 信長のぶなが
(Oda Nobunaga)
别号 魔王
生日 6月23日
声优 森川智之
所属团体 织田军
亲属或相关人
家臣:明智光秀森兰丸、柴田胜家、丹羽长秀
敌对:丰臣秀吉

织田信长(日语:織田おだ 信長のぶなが(Oda Nobunaga))是由Idea FactoryMarvelousKADOKAWA所制作的游戏战刻夜血戦刻ナイトブラッド)及其衍生作品的登场角色。

武将说明

织田军的总大将,织田氏的现任当主。
本作中麾下现有四位家臣:明智光秀、森兰丸、柴田胜家、丹羽长秀。

官网介绍:
不容置辩的绝对独裁者。
拥有运气和实力,为了夺取天下一直在努力,不曾懈怠。
虽有冷酷无情的一面,心中却拥有公平的观念。
能够没有区别的对待他人,与身份卑微的人随意交谈。

爱好:很多(茶道、剑术、骑马、驯鹰狩猎等)
擅长:骑术
喜欢的食物:柿饼
讨厌的食物:辣的食物

喜欢的颜色:红、翠
魔结晶化色:红

与丰臣秀吉、上杉谦信、武田信玄组合,触发「劲敌」(「好敵手」)技能。
与黑田官兵卫、竹中半兵卫、上杉谦信组合,触发「爱读书」(「読書好き」)技能。

登录事件

十天登陆信
持之以恒绝非易事。

近来你的表现十分卓越。
值得赞扬。
但是不要沉迷于眼前的褒奖之中,
要一直伴在我身边。
若是如此
我会给予你更进一步的褒奖。
让你在离我最近的地方,
将我统一天下的瞬间尽收眼底。


             织田信长

武将相关图

(注:描述基于达成解锁条件章节剧情)

关系武将 解锁条件 描述
织田信长-明智光秀 织田军2-2 過去に裏切られたことがある臣下。
だが、今では信長らの信頼も厚く…
「信長様から、あなたのお世話を仰せつかりました。よろしくお願いします」
あなたの世話係を命じる。


曾经背叛过信长一次的家臣。
但如今仍被信长等人深深信赖着……
“信长大人吩咐我来照顾您,请多多指教。”
被信长吩咐来照顾主人公。
织田信长-森兰丸 织田军2-3 身の回りの世話をしている臣下。
あなたに気軽に話しかけるよう言う蘭丸を…
「蘭丸は別に距離を置こうとしているわけでも、気を遣っているわけでもない。これは癖のようなものだ。気にするな」
と、お互いよく知っている間柄。
蘭丸もまた信長を知り尽くしているが…
「……それと、どうせよこすなら次からは干し柿にしろ」
次のお土産は干し柿にしてほしいと思っている。


服侍在信长左右的家臣。
当主人公希望兰丸更随意的与自己交谈时……
信长说道“兰丸并不是要和你保持距离,也不是有所顾虑。这只是他的习惯,无须在意。”
兰丸十分了解信长。
信长说道:“……如果要给我东西的话,下次给我柿饼。”
并希望你下次把柿饼作为礼物送给他。
织田信长-柴田胜家 织田军3-1 戦いにおいて信頼のおける臣下。
戦いの知識がないあなたの…
「そうか。だが、知識だけでは生き残れない。最低限、野に放り出しても、死なぬ程度にはしつけねばな」
訓練役を命じる。


在作战方面让信长十分信赖的家臣。
因为主人公对作战等事并不了解……
信长说道:“是吗。但是,只靠知识是无法存活下去的。至少要达到把她独自扔到野外也能好好活下来的程度。”
于是命令胜家陪同主人公进行训练。
织田信长-丹羽长秀 织田军3-1 最も古くから仕える臣下。
戦いの知識がないあなたの…
「そうか。だが、知識だけでは生き残れない。最低限、野に放り出しても、死なぬ程度にはしつけねばな」
訓練役を命じる。長く仕え期待を裏切らない長秀への信頼は厚く…


为信长效忠最久的家臣。
因为主人公对作战等事并不了解……
信长说道:“是吗。但是,只靠知识是无法存活下去的。至少要达到把她独自扔到野外也能好好活下来的程度。”
长期效忠并不曾辜负其期待的长秀深得信长的信赖……
织田信长-丰臣秀吉 丰臣军1-4 かつての臣下。今は袂を分かち、天下を争う宿敵。
そして…
「ほう……そのような戯言でごまかす程度には、利用価値があると判断したということか」
かつての臣下だからこそ、その演技に気付き本心を見抜く。
「……よもや俺のものに手を出そうとは」
天下を、そしてあなたを巡って戦う。


过去的家臣。现在是一决雌雄、争夺天下的宿敌。
然后……
“……既然想用那样的蠢话蒙混过关,看来有利用价值呢。”
因为过去曾经效忠于信长,所以可以看透他的伪装,察觉他的本意。
“……又对我的东西出手吗。”
信长和秀吉,围绕着天下和主人公,针锋相对。
明智光秀-织田信长 织田军2-2 過去に信長を裏切ったことがある。許されたが、いまだに後悔を引きずっている。
しかし、今は…
「信長様から、あなたのお世話を仰せつかりました。よろしくお願いします」
あなたの世話係に任命するほど、信頼してくれている。
一度、軍を離れたからこそ…
「そもそも、天下統一のための道具として使うなら自由を奪い、心を壊し、傀儡にしてしまうという方法もあります」
その冷酷な面も理解したうえで、忠義をささげる相手である。


曾背叛过信长。虽然得到了原谅,但光秀仍然沉浸于后悔之中无法自拔。
可是,现在……
“信长大人吩咐我来照顾您,请多多指教。”
光秀现在依旧深得信长信任,并得其命令负责照顾主人公。
正因为光秀曾经离开过织田军……
“若是想把你当做统一天下的道具来使用的话,
也有剥夺你的自由、摧毁你的心灵,然后让你成为一具傀儡的方法。”
光秀深深了解信长冷酷无情的一面,并将自己的忠心奉献于他。
森兰丸-织田信长 织田军1-4 信長のすべてを敬愛している。
そんな信長の覚醒を光秀と共に目撃し…
「うわっ! 信長様、なんですかそのお姿は!すごいです! カッコイイです!」
と、大興奮! 蘭丸にとって信長は、とにかく格好いい、尊敬すべき存在。ほかにも…
「信長様の寝姿はいかがでしたか? 寝相は?寝言は仰ったりしましたか?」
寝姿にも興味津々。どんな情報でも知りたいほど、大好きな憧れの主君。


敬爱信长的一切。
与光秀共同目击了信长的觉醒之后十分兴奋……
“呜哇!信长大人、为什么变成了这幅模样!好厉害!太帅了!”
于兰丸而言,信长是无比帅气、值得尊敬的存在。除此之外……
“信长大人的睡姿如何?睡相呢?说梦话了吗?”
对于信长的睡姿十分感兴趣。
对兰丸来说,信长的一切情报都让他十分在意,是无比喜爱和憧憬的君主。
柴田胜家-织田信长 织田军3-1 圧倒的強さを持つ主君。
戦いの知識がないあなたの…
「……で、こいつに身を守る術を教えるためにオレたちが呼ばれたってわけか?」
訓練役を信長に命じられる。


拥有压倒性实力的君主。
因为主人公对作战等事并不了解……
“……就是说,为了让我们教这个家伙防身术才把我们叫出来的?”
被信长命令陪同主人公进行训练。
丹羽长秀-织田信长 织田军4-3 圧倒的な力で覇道を歩む主君。
そんな信長は憧れであり…
「信長様が書かれる字は威風堂々としながらも優美な気品を備えていて、もう感嘆の声しか出ないな」
写本の文字もほれぼれしながら見るほど。長秀にとっては、文字だけでなく、その考え方も尊敬できる存在で…


拥有压倒性实力不断开拓霸业的君主。
长秀十分憧憬这样的信长……
在欣赏信长的书法时,长秀发出
“信长大人的书法不仅威风凛凛还兼备着优雅的气质,让人赞叹不已”的感叹。
于长秀而言,信长值得其尊敬的不仅仅是他的书法,还有他的思想……
丰臣秀吉-织田信长 织田军1-3 かつての主君。
現在は袂を分かち……。
「ひどいお人ですね。だから魔王だなんて言われるんですよ?」
言葉で挑発し、ペースを崩そうとする。そうまでするのは……
「織田軍本隊の強さは神牙でも屈指だから――」
と、その強さを認め警戒しているため。かつて臣下だったからこそ、その力がよくわかる。


过去的君主。
现在是针锋相对的对手……
秀吉对信长说道:“还真是过分呢。所以你才被别人称作魔王吧?”
因为秀吉深知“织田军的实力强大到在神牙首屈一指——”
所以用言语挑衅信长,试图扰乱他的节奏。
因为过去曾效忠于信长,深知信长的强大,所以对其十分戒备。
石田三成-织田信长 丰臣军1-5 警戒するべき相手。
あなたが信長に狙われていると知ると……。
「これからは四六時中、警戒が必要になりそうですね」
と、警戒する。


三成认为信长是需要十分戒备的对象。
得知信长盯上了主人公后……
三成说道“接下来需要全天处于警备状态之中”。
黑田官兵卫-织田信长 丰臣军1-5 かつての主君。
現在は敵だが……。
「希望的観測は死に直結する」
その冷徹さをよく知っているからこそ、警戒している。


过去的君主。
虽然现在是敌人……
还是说道“乐观的预测是以死亡结局。”
因为深知其冷酷之处,所以对信长十分警备。
竹中半兵卫-织田信长 丰臣军1-5 かつての
主君。
あなたの力を知った信長について……。
「信長のことだから、戦場だけでなく、この城にも兵を忍び込ませてくるかもね……」
と、その策と力を警戒している。


过去的君主。
对于知道了主人公力量的信长……
半卫兵说道“因为是那个信长,所以也许不仅仅是通过战争,他也许会派士兵潜入城内……”
十分警戒信长的策略与力量。
前田利家-织田信长 丰臣军1-5 かつての主君。
信長に狙われているあなたに……。
「あの人は自分の邪魔になるもんは、たとえどんなに小さくても全力で潰しにくるぜ」
と警告する。それほど、その強大さを警戒している。


过去的君主。
对于被信长盯上的主人公……
利家警告主人公说道:“对那个人来说,只要是妨碍他的东西,无论多么弱小他都会全力将其击溃”。
利家就是如此警备拥有强大实力的信长。

剧情相关

Nuvola apps important blue.svg
以下内容含有剧透成分,可能影响观赏作品兴趣,请酌情阅读~
以下内容涉及主线及卡牌故事剧透,请谨慎展开

与历史中的信长一样,本作中的信长性格霸道不羁,面对突发情况却沉稳从容。
对事物拥有很强的占有欲,不仅在战场上拥有压倒性的实力,还有广泛的兴趣。
但与历史中稍有出入的是,本作中的四位家臣对信长都有着极高的忠心和憧憬之情,并非畏惧居多。
透过织田军其他武将的剧情,也可以看出信长对家臣们的关心。
下面对信长出场的剧情进行简略的概括:

织田军主线剧情第零章
突然出现在森林中的主人公偶遇织田信长并被其带回城内。
在相遇的那一刻信长便知晓了主人公血液中的力量。

织田军主线剧情第一章
信长将主人公带回城内之后,让她跟随大家一起前往与丰臣军的战场。
在遭遇秀吉的突袭时于箭雨下保护了主人公受了伤,随后吸食主人公鲜血觉醒。
并正式将主人公纳为织田军的一员。

织田军主线剧情第二章
因主人公对书籍表现出兴趣,信长便命令光秀教授主人公知识。
其后带主人公一起去讨伐厄魔,因主人公不会骑马,与其共乘一匹。
在主人公提出要坐在后面时,表示自己的背后才是最危险的,让其坐在了前方。
吸食主人公鲜血打倒厄魔后让主人公心情复杂,认为信长只是因为自己的鲜血珍贵才庇护自己。

织田军主线剧情第三章
信长提出“只有知识的话是无法生存下去的。至少要达到,即使把她一个人扔到野外里她也能活下去的程度。”
并让胜家和长秀负责为主人公进行体能训练。
在主人公因为过度疲劳病倒时,光秀表示信长早就注意到主人公不是这个世界上的人了。
虽然主人公的血非常珍贵,但信长并没有将其作为一个傀儡使用,而是让她学习知识和锻炼体能。
主人公身体恢复后同意其进行实地演练,在主人公和光秀遭遇危险后赐予主人公短刀以防身,
并允许织田军的其他武将在必要时吸食主人公的鲜血。

织田军主线剧情第四章
在得到姬神子的情报后,信长命令光秀去亲自查探消息真假。
并在主人公为他补充纸墨时道出,之前托光秀给他的一本关于神牙的书是他亲自抄写的。
长秀对信长的书法赞叹不已。
祈愿回来的主人公、兰丸、胜家三人把偶然得到的关于姬神子的卷轴递交给信长,
信长却答复道目前要以应对丰臣军优先,寻找姬神子的事情暂且搁置。

织田军主线剧情第五章
归来的光秀并没有得到关于姬神子的情报,却带回了丰臣军行为异常的消息。
信长表示在弄清秀吉等人的意图前,让主人公把寻找神器的事情忘掉。
兰丸为了让主人公派遣抑郁便带主人公去城下闲逛,碰巧遇见了潜入的利家。
向信长报告后,信长下达了追击指示,并命令主人公最近不要出房门,
并告诉主人公试毒的方法提醒她要事事留意。
虽然信长向主人公下达了不要出门的命令,但因为意外害怕的主人公还是出了房门,
并被信长发现。于是信长下令,让主人公与他在一个房间同住。
某夜,再次出现突发状况,信长交代主人公躲进壁橱里不要出来,主人公却没有听话,于是被潜入的秀吉所挟持。
虽然信长及时赶回救下主人公,但卷轴还是被秀吉所偷走。
面对很懊恼的主人公,信长表示他已经掌握了最关键的线索。

立绘

初始图鉴

Ca 001012001.png Ca 001013001.pngCa 001014001.png Ca 001015001.png

觉醒图鉴

Ca 101013001.pngCa 101014001.png Ca 101015001.png

通常台词

场合 台词 语音
杂谈(晨) 鍛錬に行く。邪魔をするな。
我要去锻炼,不要妨碍我。
朝餉の後の金平糖、忘れるなよ。
不要忘记早饭之后的金平糖。
今日の軍議を始める。人を集めろ。
我要开始今天的军事会议了。把人召集过来。
杂谈(午前) 町の様子を報告しろ。
向我报告城镇的状况。
なんだ? これから乗馬にでかけるところだ。
怎么了?我接下来要去骑马。
勝家と刀を交えるのは面白い。あそこまで力押しの奴もいないだろう。
与胜家交锋十分有趣。没有比他更崇尚力量的家伙了吧。
杂谈(午后) 稽古場に向かう。臣下たちの力量を図らねば……。
我要去训练场。必须要掌握家臣们的实力才行……。
この神牙を統一するのは、俺だ。決まっているだろう。
毫无疑问,神牙将会由我统一。
光秀を見なかったか?話がある、呼んで来い。
看见光秀了吗?我有事找他,叫他过来。
杂谈(昏) 日が沈んできたな。1日が終わる。お前もさっさと夕餉の支度をしろ。
天色已沉、今日已经过去。你也快去准备今天的晚饭。
織田軍に身を置けること、光栄に思うがいい。
要为你身为织田军的一员感到光荣。
長秀は戻っているか?……そうか。仕事が早くて助かる。
长秀回来了吗?……是吗。这么快处理好工作帮大忙了。
杂谈(夜) この茶器を選んだのは誰だ?……お前か。なるほど、悪くない。
这个茶具是谁选的?……是你吗?原来如此,还不坏。
今夜は良い月が出ているな。茶でも飲むか。
今夜月色正好,要不要喝一杯茶。
長秀は頭の切れる男だ。……まぁ、多少の問題は構わないくらいにはな。
长秀是聪明的男人。……些许的问题并无大碍。
杂谈(深夜) まだ起きているのか?明日もお前の仕事は山ほどある。さっさと寝ろ。
还没睡吗?明天也有很多工作在等着你。快点去睡。
夜食……?茶漬けか。良い仕事をしたな。褒めてやる。
宵夜……?是茶泡饭吗。做的不错,夸你一下。
……お前か。言われずとも、もう休む。いちいち指図するな。
……是你啊。不用你说、我要睡了。别对什么事情都指手画脚。
入浴前 そろそろ、湯浴みの刻限だな。
到洗澡的时间了。
入浴中(留书)
09:00~09:30
湯浴みに行っている。用事があったら、呼べ
我去洗澡了。有事的话叫我。
入浴后 やはり湯浴みは朝がよい。お前もそう思わんか?
果然还是清晨洗澡比较好。你不这么认为吗?

特殊台词

场合 台词 语音
事前登录感谢
(事前登录期间限定)
事前登録か、くだらん。
そんなことせずとも、すでにお前は俺のものなのだ。お前が他人の手に渡るなど、許さん。
時がきたら、真っ先に俺のところへ来い。必ずなぁ。


事前登录吗,真是无聊。
即使不做这种事,你也早就属于我了。我绝不允许你去别人那里。
所以时间到了,就务必直接来到我身边。

生日祝词
(玩家生日限定)
お前が生まれた日など、俺には関係ない。好きに過ごせ。
你的生日与我无关。做你想做的事就好。
和好台词
(吵架和好)
………………
今度俺の要求を断ってみろ。お前は打ち首だ
下次要是再敢拒绝我的要求,就砍掉你的头。
お前は一生俺のものだ。それを忘れるな
不要忘了,你的一生都是属于我的。