• 你好~!欢迎来到萌娘百科!如果您是第一次来到这里,点这里加入萌娘百科!
  • 欢迎具有翻译能力的同学~有意者请点→Category:需要翻译的条目
  • 如果您在萌娘百科上发现某些内容错误/空缺,请勇于修正/添加!编辑萌娘百科其实很容易!
  • 觉得萌娘百科有趣的话,请推荐给朋友哦~
  • 萌娘百科群119170500欢迎加入,加入时请写明【萌娘百科+自己的ID】~
  • 萌娘百科Discord群组已经建立,请点此加入!

神保町哀歌

萌娘百科,万物皆可萌的百科全书!转载请标注来源页面的网页链接,并声明引自萌娘百科。内容不可商用。
跳转至: 导航搜索
神保町哀歌
Jinbochouaika.jpg
演唱 邪神酱(CV:铃木爱奈
作词 筆安 一幸
作曲 栗原 悠希
编曲 神馬
时长 10:06

神保町哀歌是TV动画《邪神与厨二病少女》第11话的插曲。

简介

花园百合铃生病时,邪神酱为了让百合铃安眠而在病榻旁即兴演唱的歌曲,歌词魔性,风格类似演歌,十分洗脑。

据说这首歌是邪神酱自己创作的,共有6章。

这首风格特殊的歌曲将爱喵的歌唱功底体现得淋漓尽致。

2019年9月21日晚开始的《邪神与厨二病少女》的第二次众筹活动中,发售此歌曲的完整版本,包括全部6章,时长超过10分钟。

歌曲

TVsize

宽屏模式显示视频

完整版

宽屏模式显示视频

歌词

作词:筆安 一幸
作曲:栗原 悠希
编曲:神馬
翻译:凛乐

1章♪
1章♪
あの日あなたといった本屋
遥想那一天 和你一起逛的书店
いつしかコンビニになっていた
曾几何时 被超商所取代了
待ちぼうけくらったカレー屋
总是等不到座位的咖哩屋
今でもジャガイモついていた
如今依旧 附上独家的马铃薯
あなたは本の虫で
你 是埋首于书堆中的书虫
私はあなたのヒモ
我 则是寄人篱下的寄生虫
四畳半のふたりの部屋は
我俩同居 四张半榻榻米的房间内
本で埋め尽くされていて
到处堆满了你的藏书
あなたは幸せそうだったけど
虽然当时的你 一脸幸福洋溢
私は床が抜ける心配ばかり
我却老是担心 地板何时会垮掉
ああ、神保町、ふたりがいた青春
啊啊、神保町哟 有我俩共谱的青春
ああ、神保町、セピア色の青い日々
啊啊、神保町哟 染遍泛黄的青涩岁月
2章♪
2章♪
北を向いてる本屋さん
和坐南朝北的书店一样
ふたりの部屋の窓ひび割れ
两人共住房间的窗户 爬满了裂缝
やっぱり北向きで吹雪に
面向北方 果然容易被暴风雪吹袭
覆われ白く凍りついていた
总是覆盖上一层 洁白的冰霜
ストーブ、赤くとも
暖炉蓦地透出 炽红的火光
アパート、音が消えて
整栋公寓里 鸦雀皆无声
四畳半のかまくらの中
既然住在 四张半榻榻米的雪屋里
北枕を気にしないで
就别再忌讳 睡觉时不该头朝北方了
眠るあなたを朝まで見つめ
痴痴盯著你的睡脸 直到天明
幸せな夢、思い描き続けた
仿佛共处美梦中 不断描绘幸福的模样
ああ、神保町、ふたりの春は遠く
啊啊、神保町哟 我俩的春天多么遥远
ああ、神保町、セピア色の白い窓
啊啊、神保町哟 逐渐泛黄的皎白窗格
3章♪
3章♪
あなた結んでくれた髪
你亲手为我 绑系好的发型
寝る時ほどきたくなかったの
就连上床睡觉 都舍不得解开
長い髪夏は暑くて
留一头长发 每逢夏天总是闷热
うなじに汗が玉と光る
脖子后方 晶莹闪耀著汗珠
短くすればいいよ
「干脆剪短不就好了吗?」
あなたはそういったわね
犹记得 你是如此说的
四畳半はサウナだったけど
虽然置身 四张半榻榻米的三温暖
音だけの打ち上げ花火
却仿佛响起了 只闻其声的烟火
優しく私の髪を撫ぜた
我的发丝 有你温柔抚过的痕迹
あなたの手で指で結んでほしくて
多希望 你再用纤纤细指 为我绑发
ああ、神保町、私、切らなかったの
啊啊、神保町哟 头发、我至今仍未剪去唷
ああ、神保町、セピア色の東風あいのかぜ
啊啊、神保町哟 已然泛黄的夏季东风
4章♪
4章♪
仕事したくはなかったけど
尽管我厌恶 卖力工作
たくさん欲しかったのお金が
却渴望挣得 源源不绝的钱财
そしたらあなたといられた?
因为如此一来 就能跟你在一起了吧?
ずっとずっと寄り添っていられたの?
就能永远、永远依偎在你身边了吧?
想像していなかった
打从娘胎起从未想像过
夢にも思ってなかった
就连作梦也不曾梦见过
四畳半のいごこちのよさ
同时挤在 四张半榻榻米的小房间
いつもくっついていられるって
竟令人心旷神怡 全因为能与你寸步不离
あなたの時間をお金で買って
手中的金钱 能否换来你的现在呢
この部屋であなたといたかった
然后和你再次同住在 这小小的家里
ああ、神保町、百合ゆり咲き香るエデン
啊啊、神保町哟 曾有百合盛开飘香的天堂
ああ、神保町、セピア色の花のその
啊啊、神保町哟 转为泛黄的鲜花园地
5章♪
5章♪
とてもあなたが憎らしい
一想起就不禁 恨得牙痒痒
私の人生を盗んだ
夺去了我大好人生的你
とても憎らしいあなたと
实在令人恨到了骨子里
出会いがなければよかったの
要是不曾与你相遇 那该有多好啊
別れが来るはずなく
既不会迎来伤心的离别
涙も涸れたりせず
更不至于哭干 一生的眼泪
四畳半は更地さらちにかえり
夷为空地 四张半榻榻米已成为过往
とても憎らしいよあなた
你是多么狠心 让人恨透了啊
もしもあなたまた出会えるなら
倘若此生还有缘 和你再见上一面
私、悪魔にだって魂売るわ
就算要我 将灵魂出卖给恶魔都不足惜
ああ、神保町、ときがふたりをわか
啊啊、神保町哟 无情光阴拆散了有情人
ああ、神保町、セピア色の枯れ葉舞う
啊啊、神保町哟 凋零泛黄的枯叶飞舞
6章♪
6章♪
のぼるこの坂九段下
独自爬上眼前坡道 我来到九段下
赤色風船口にして
只是喃喃念出一句 红色气球
ふたりの思い出吹き込み
我俩的回忆 就狂暴猛烈地袭来
飛ばすわ、いっぱいに膨らませ
随风飞去、然后越胀越大吧
輝け遙か彼方
飞向辉煌的遥远彼方
見知らぬ遠い宇宙そら
那儿有 从未见识过的浩瀚宇宙
あの本の町の四畳半
弥漫书香 四张半榻榻米所在的街镇
幸せ芽吹きますように
祈愿会再次抽出 幸福的嫩芽
まぶたに浮かぶあなたの背中
阖上眼帘便会浮现 你挥之不去的背影
私、涙をこらえそっと蹴った
我只得 含著不舍泪水 静静地踢走
ああ、神保町、あいかは愛のことね
啊啊、神保町哟 哀歌的哀 其实写作爱对吧
ああ、神保町、セピア色の愛の歌
啊啊、神保町哟 你我泛黄的爱情之歌
あの日あなたといった本屋
遥想那一天 和你一起逛的书店
いつしかコンビニになっていた
曾几何时 被超商所取代了
待ちぼうけくらったカレー屋
总是等不到座位的咖哩屋
今でもジャガイモついていた……
如今依旧 附上独家的马铃薯…
ああ、神保町、ふたりがいた青春
啊啊、神保町哟 有我俩共谱的青春
ああ、神保町、セピア色の青い日々
啊啊、神保町哟 染遍泛黄的青涩岁月


外部链接