萌娘百科谨为京阿尼纵火事件中的罹难者祈福,愿逝者安息,生者坚强。Pray for Kyoto Animation.
京都アニメーション放火事件の犠牲者の冥福を祈り、亡くなった人の安息を強く生きる。

  • 你好~!欢迎来到萌娘百科!如果您是第一次来到这里,点这里加入萌娘百科!
  • 欢迎具有翻译能力的同学~有意者请点→Category:需要翻译的条目
  • 如果您在萌娘百科上发现某些内容错误/空缺,请勇于修正/添加!编辑萌娘百科其实很容易!
  • 觉得萌娘百科有趣的话,请推荐给朋友哦~
  • 萌娘百科群119170500欢迎加入,加入时请写明【萌娘百科+自己的ID】~
  • 萌娘百科Discord群组已经建立,请点此加入!

WORLD'S END UMBRELLA

萌娘百科,万物皆可萌的百科全书!
跳转至: 导航搜索
大萌字.svg
萌娘百科欢迎您参与完善本条目☆Kira~
欢迎正在阅读这个条目的您协助编辑本条目。编辑前请阅读Wiki入门条目编辑规范,并查找相关资料。萌娘百科祝您在本站度过愉快的时光。
29392987.jpg
本曲目已成为传说。
由于本曲目的原曲视频播放数超过100万次,本曲目获得Vocaloid传说曲的称号。
更多Vocaloid传说曲请参见传说曲一览表
Vocaloid worlds end umbrella.jpg
Movie by 南方研究所
歌曲名称
WORLD'S END UMBRELLA
于2010年02月08日投稿 ,再生数为 1,390,000+
演唱
初音未来
P主
米津玄师(ハチ)
链接
Nicovideo  Youtube 

WORLD'S END UMBRELLA》是ハチ于2010年2月8日投稿至niconico的歌曲,是ハチ的第三部作品《THE WORLD END UMBRELLA》的重置版。

简介

这首歌讲述了被巨大的雨伞覆盖的村落中,一堆男孩女孩前往伞的顶端探寻真实世界的故事。虽然村民手中流传的绘本里,没有雨伞保护的世界是人类无法栖身的地狱,但不被恐惧催生的“规则”束缚的二人最终打开了通往伞外的门,深邃的蓝天下花海盛放,伴随着曲中突然拔高的旋律营造出的空间感,会让人的心头莫名地为之一震。

视频

宽屏模式显示视频

歌词


WORLD'S END UMBRELLA
作詞:ハチ
作曲:ハチ
編曲:ハチ
唄:初音ミク


翻译:cyataku


地を覆う大きな傘。
覆盖地面的大伞。

中央に塔が一本建ち、それが機械の塊を支えている。
在那中央建造著一座塔,正支撑著机械的块垒。

当然 真下にある集落には陽が当たらず、機械の隙間から漏れる「雨」に苛まれている。
当然,正下方的村落里终年不见阳光,为机械的间隙之间漏下的「雨」所困扰。

人々は疑わない。
人们毫无怀疑。

それが当たり前だったから。
因为那是理所当然。

何て事はない。
并无其他。

ただの「掟」なのだから。
仅仅只是「成规」而已。



あの傘(かさ)が騙(だま)した日(ひ) 空(そら)が泣(な)いていた
被伞欺骗的那一天 天空哭个不停

街(まち)は盲(もう)目(もく)で 疑(うたが)わない
城镇是盲目的 毫无怀疑

君(きみ)はその傘(かさ)に 向(む)けて唾(つば)を吐(は)き
你向那伞 啐了一口唾沫

雨(あめ)に沈(しず)んでく サイレンと
在雨中沉没 与警报声一同


誰(だれ)の声(こえ)も聞(き)かずに
没有听取任何人的话语

彼(かれ)は雨(あめ)を掴(つか)み
他将雨抓在手心

私(わたし)の手(て)をとりあの傘(かさ)へ
牵起我的手向著那把伞

走(はし)るの
跑了过去


二人(ふたり)きりの約束(やくそく)をした
那是只属于两个人的约定

「絵本(えほん)の中(なか)に見(み)つけた空(そら)を見(み)に行(い)こう」
「一同去看看绘本中所见的天空吧」

刹那(せつな)雨(あめ)さえも引(ひ)き裂(さ)いて
一瞬间就连雨也被撕裂开来

もう悲(かな)しむ事(こと)も忘(わす)れたまま
已经将悲伤的事情尽数遗忘



降り頻る雨と友に、二人は傘の塔へとたどり着いた。
伴随著连绵不断的雨,两人终于抵达了伞之塔。

閉ざされていた両開きの扉は、押せば呆気なく開き、二人を拒みはしない。
紧闭著的双开门扉,伸手推去便轻巧开启,全无阻挡二人之意。

誰も入ろうとはしないのだ。
因为从没有人试图进入。

鍵などあってもなくても同じだろう。
所以有没有钥匙都是一样的吧。

その扉の向こうの、
那门扉彼端是…



崩(くず)れ出(だ)し何処(どこ)へ行(ゆ)く 螺旋(らせん)階段(かいだん)は
摇摇欲坠通向某处的螺旋阶梯

煤(すす)けて響(ひび)いた滴(したた)り雨(あめ)
熏得漆黑的回响著的雨滴

泣(な)きそうな私(わたし)を そっと慰(なぐさ)める様(よう)に
像是静静安慰著 快要哭泣的我般

君(きみ)は優(やさ)しく 私(わたし)の手(て)を
你温柔地 将我的手


白(しろ)い影(かげ)に追(お)われて
被白色影子追赶著

逃(に)げた先(さき)に檻(おり)の群(むれ)
逃亡前方是成群围栏

理由(わけ)を探(さが)す暇(ひま)も無(な)く
我们既无去寻找借口的闲暇

気(き)も無(な)く
亦无此意


震(ふる)えた手(て)を 君(きみ)が支(ささ)えて
你正支撑著 我颤抖的手

私(わたし)はそんな背中(せなか)を ただ見守(みまも)るの
我就只能 注视著那背影吗

闇(やみ)に溶(と)けた 歯車(はぐるま)は笑(わら)う
融入黑暗中的 齿轮笑著

ホラ微(かす)かに風(かぜ)が頬(ほお)を撫(な)でる
看吧 醺然微风正轻抚脸颊



「風が、流れてるわ」
「风,正流淌著呢。」

女の子は言った。
女孩说道。

男の子は小さく相槌を打った。
男孩轻声附和。

足を止める事はなかった。
却都不曾停下脚步。

とても遠くまで来た様な、或いはまだ走り始めて間もない様な。
像是走了很长的路才到了这里,又像是才刚开始奔跑没过多久。

絶望的に小さな二人を、誰が見つける事も無かった。
陷入绝望的小小的二人,谁都未曾发现。

誰が見つける事も無かった。
谁都未曾发现。



白(しろ)い影(かげ)はもう追(お)ってこなくて
白色影子已经追不过来了

とても悲(かな)しそうに消(き)えた
像是非常悲伤般的消失了

錆(さ)びた匂(にお)いも煤(すす)けた黒(くろ)さえも
钝銹的气息、甚至熏染的漆黑也

やがて色(いろ)を淡(あわ)く変(か)え
终于开始变得淡了起来

何処(どこ)からか声(こえ)が聞(き)こえた様(よう)な
好像听到了某处传来的声音

気(き)がした様(よう)な 忘(わす)れた様(よう)な
像是很熟悉 又像是忘掉了的

螺旋(らせん)階段(かいだん)の突(つ)き当(あ)たりには
在螺旋阶梯的尽头是

とても小(ちい)さな扉(とびら)が
十分狭小的门

埃(ほこり)を纏(まと)い待(ま)っていた
正于尘埃中等待著



「開けるよ」
「我推开啰。」

「うん」
「嗯。」



そこには何(なに)もかもがある様(よう)に見(み)えた
那里看上去似乎有著所有的东西

色(いろ)とりどりに咲(さ)いた花(はな) 深(ふか)い青空(あおぞら)
五彩缤纷盛放的花朵 深邃蓝天

滲(にじ)んだ世界(せかい)に二人(ふたり)きり
在模糊的世界里与你独处

もう何(なに)もいらないわ
这就已经心满意足了啊


絵本(えほん)の中(なか) とじ込(こ)んだ空(そら)を
将被封闭在 绘本中的天空

在(あ)るべき場所(ばしょ)に返(かえ)した 忘(わす)れない様(よう)に
返还它应在的地方 为了不被人们遗忘

君(きみ)がくれた 拙(つたな)い花束(はなたば)を
将你赠与我的 粗制花束

笑(わら)いながら そっと肩(かた)を寄(よ)せた
带著笑 轻轻靠上了肩膀


世界(せかい)の最後(さいご)に傘(かさ)を差(さ)す
在世界的最后撑起雨伞

ずっとこんな世界(せかい)ならば よかったのに
要一直都是这样的世界的话 该有多好啊

悲(かな)しくないわ 君(きみ)の側(そば)で...
不会感到悲伤呢在你身边…


花(はな)の咲(さ)いたその傘(かさ)の上(うえ)には
在那繁花盛开的伞上

とても幸(しあわ)せそうな顔(かお)で
带著似乎十分幸福的神情

小(ちい)さく眠(ねむ)る二人(ふたり)がいた
小小的二人沈沈酣眠