• 你好~!欢迎来到萌娘百科!如果您是第一次来到这里,点这里加入萌娘百科!
  • 欢迎具有翻译能力的同学~有意者请点→Category:需要翻译的条目
  • 如果您在萌娘百科上发现某些内容错误/空缺,请勇于修正/添加!编辑萌娘百科其实很容易!
  • 觉得萌娘百科有趣的话,请推荐给朋友哦~
  • 萌娘百科群119170500欢迎加入,加入时请写明【萌娘百科+自己的ID】~
  • 萌娘百科Discord群组已经建立,请点此加入!

岛崎藤村

萌娘百科,万物皆可萌的百科全书!
跳转至: 导航搜索
文豪与炼金术师-官方logo.png
萌娘百科欢迎您参与完善本条目

可以从以下几个方面加以改进:

  • 人物简介

欢迎正在阅读这个条目的您协助编辑本条目。编辑前请阅读Wiki入门条目编辑规范,并查找相关资料。

祝您在萌娘百科度过愉快的时光。

岛崎藤村(文炼)封面.jpg
基本资料
姓名 島崎しまざき 藤村とうそん
(Shimazaki Tōson)
别号
发色 棕发
瞳色 绿瞳
生日 3月25日
星座 白羊座
声优 立花慎之介
真名 島崎しまざき 春樹はるき
(Shimazaki Haruki)
所属派阀
文学倾向 纯文学(自然主义)
呐呐…死是什么感觉?呐等等…

岛崎藤村しまざき とうそん)是由DMM制作的网页游戏文豪与炼金术师》(日语:文豪とアルケミスト及其衍生作品的登场角色。


简介

以下非中文内容请求翻译支援!

数奇な過去を持つためか死んだ魚の様な目をしている。

自分の陰鬱な性格は自覚しているらしく、良くしてくれる人には忠義を尽くす。

何事においても突き詰めなければ気が済まないオタク気質でその鬼気迫る勢いには周りが引いてしまう程。

その性格が災いし侵蝕者にまで取材を試みようとしているようだ。


游戏数据

島崎藤村(しまざき とうそん)
稀有度 武器
派阀 精神 普通
能力值(初始值→最大值)
攻击 124→451 防御 102→359
回避 96→336 技术 47→167
天才 47→167 40→160
主题 43→163 真实 49→169
代表作 破戒、新生、黎明前(夜明け前)
文学倾向 纯文学(自然主义)
兴趣嗜好 取材
入手方式
有魂书 02:10:00
有碍书 にの段『蒲団』、『濹東綺譚』、『破戒』

ほの段『暗夜行路』

活动 (目前暂无)
立绘一览
岛崎藤村(文炼)立绘1.png 岛崎藤村(文炼)立绘2.png 岛崎藤村(文炼)立绘3.png
通常 战斗 受伤(战斗中)
岛崎藤村(文炼)立绘4.png 岛崎藤村(文炼)立绘5.png
受伤(图书馆) 衣装一

游戏台词

以下非中文内容请求翻译支援!
场合 台词 语音
登入 そろそろ取材を始めようか

差不多该开始采访了吧

文豪入手时
(第一次)

僕は島崎藤村。こんな僕を呼んでくれて……ありがとう……

我是岛崎藤村。将这样的我呼唤来……谢谢……

文豪入手时
(第二次以后)

僕は島崎藤村。こんな僕を認めてくれて……ありがとうね……

我是岛崎藤村。能认可这样的我……谢谢你……

图书馆 こんなに本があったら、僕も好きなだけ取材が出来そうだね
文字が並んでいるだけなのに、文章になると凶器(狂気?)となる。面白いよね
司书室 禁忌ってなんだろう。勿論、言葉の意味じゃなくてさ
花袋は良いやつだよ、誰かと比べるわけじゃないけど
补修(一般) 逃げなかっただけでも褒めてくれよ
研究 目標に到達しているようだよ、確認する?

好像到达目标了,确定么?

购买 棚いっぱいの品物が、僕を見つめてる

架子上满满的东西,都在看着我

信件 僕に手紙が来るって……嬉しいな

我的信来了……真开心啊

进食 あれ、僕の分は?……僕に食べられるのが嫌なのかな
放置 この寂しい感じ……いい題材になりそう

这种寂寞的感觉……好像也能成为不错的题材呢

结成(文豪替换) 取材、僕に任せてくれるの?

采访,交给我吧?

地图出击时 この場所、心地いいから僕は好きだな

这个地方,让我感觉很舒服,我很喜欢

战斗遇敌 僕と同じ匂いがする……仲良く出来そう

和我有相同的气味……能成为朋友吧

Boss点 僕を救ってくれるのは……もしかして君?

能拯救我的……难道是你?

攻击 とりゃ
てい
攻击(要害) 動くと死にそびれちゃうよ
道具入手 なんか拾ったよ。これ、いったいなに?

捡到了什么东西。这个,到底是什么?

笔杀奥义 ねぇ……死ぬってどんな気分?

呐……死是什么感觉?

双笔神髓(一般) ちょっと質問いいかい?

稍微问一下吧?

负伤 あた

痛いよ

好痛

耗弱 どこからか、生暖かい風が吹いている……

从哪里呢,吹来了有点温暖的风……

丧失 やばいって……これはやばいよぉ

糟糕了……这真是糟糕了啊

绝笔 ふふふ……これで、死んでいく気持ちが理解できるよ……花袋

呼呼呼……这样的话,死亡的感觉也可以理解了呢……花袋

(待补)
战斗结束 いい題材が拾えたよ

找到了不错的题材哦

MVP 僕が一番だって?……どうしてだろう?

我是第一?……怎么了?

潜书归来 任務が完了したよ……心配した?

任务完成了哦……担心了吗?

更换助手 僕が助手なんかしても、いいことないと思うけど

让我做助手什么的,感觉不是件好事啊

有魂书潜书开始 このままどこかへ行ってしまおうか……冗談だよ

会这样去哪里呢……开玩笑的

有魂书潜书结束
(助手时)

誰かの視線が、僕に突き刺さる

是谁的视线,朝我刺了过来

文豪之途 僕という存在がこの本って……どういうこと?

我的存在是这本书……什么意思?

文豪之途
(能力解放时)

これで強くなるって……どういうこと?

这样就变强了……什么意思?

图书馆(季节限定)

场合 台词 语音
人の命を春の夜の 夢と言うこそ嬉しけれ[1]

(待补)
林檎畑の樹の下に[2]

在苹果园的树下……

誰にかたらん冬の日の かくもわびしき野のけしき[3]

向谁诉说吧 将冬日的 这寂寥之地的景色

正月 皆どうして、お正月を嬉しそうに祝うんだろう……?

大家为什么,都在这么高兴地庆祝新年呢……?

其他台词

场合 台词 语音
司书室四(换装) これで少しは违ってみえる?

这样看起来有点奇怪吧?

图书馆(开花) 地味な秋声を応援する会を作ろうと思うんだ

我想帮不起眼的秋声组织应援会哦。

双笔神髓(特殊)

对象文豪 台词 语音

岛崎藤村
国木田独步

島崎「国木田、今どんな気分?」
国木田「取材している場合か、行くぞ!」


岛崎「国木田,现在感觉怎么样?」
国木田「采访的场合吗,上吧!」

岛崎藤村
德田秋声

島崎「ほら秋声、目立つチャンスだよ」
徳田「ほっといてくれよ!」


岛崎「看啊秋声,引人注目的机会到了」
德田「别管我啊!」

田山花袋
岛崎藤村

田山「藤村、チャンスだぞ!」
島崎「分かってるよ、花袋」


田山「藤村,有机会!」
岛崎「我明白,花袋」

耗弱、丧失台词

场合 台词 语音

助手更换、结成、
研究、购买、食堂

ごめん……

对不起……

はぁ……

哈……

图书馆 これ以上病んじゃったら僕、どうなるんだろう

病得更严重的我,会怎样呢

岸のほとりの草を敷き 微笑みて泣く吾身かな
司书室 僕の血に刻み込まれた憂鬱
どうしようもないよ、僕のこの性分は……

我该怎么办啊,我的这种性格……

补修 置き手紙の内容を考えていたんだ
攻撃 涼しい風だね……

凉爽的风呢……

负伤 帰りたい……

我想回去……

双笔神髓 真実を、見たいんだ……!


信件

以下非中文内容请求翻译支援!
更新至2017/02/28維修後。 
寄件人:田山花袋

島崎藤村様へ

 近くに可愛い女の子が働いているカフェができたんだってよ、取材も兼ねて行ってみないか
俺が声をかけてかっこいいところ見せるから、お前はその子の情報を色々聞き出してくれよな

            田山花袋



(翻译待补)

寄件人:织田作之助

島崎藤村様へ

 藤村先生、この間、夜中に図書館でいきなり話しかけられて幽霊かと思ったら先生だった話、司書さんに大ウケでしたよ
あの時は正直飛び上がるほどびっくりしたものですが、これからも図書館の幽霊として語り継いでいく所存ですのでよろしくお願いします

           織田作之助



(翻译待补)

寄件人:国木田独步

島崎藤村様へ

お前が気にしているあのネコだが、犬と戦っているところを見かけたよ
普段の奴と全く違う面白いものだった
ある意味スクープだよ
日頃の感謝の印に、面白おかしく書き立ててやるのもいいかもしれないな

           国木田独歩



(翻译待补)

寄件人:德田秋声

島崎藤村様へ

 噂を聞いたよ
 勝手に取材するのはかまわないけど僕を題材にして小説を書こうとするのはやめてくれないかな
島崎は自然主義らしく自分に取材したほうがいいと思うよ

            徳田秋声



(翻译待补)

回想

有碍书名 对象文豪 触发条件
武蔵野

国木田独步
岛崎藤村

战斗开始前触发
蒲団

岛崎藤村
田山花袋

战斗开始前触发
破戒

德田秋声
岛崎藤村

战斗开始前触发
歯車

芥川龙之介
岛崎藤村

战斗开始前触发


注释与外部链接

  1. 出自岛崎藤村《若菜集》中<别离>一诗之内容:人の命を春の夜の 夢といふこそうれしけれ 夢よりもいや/\深き われに思ひのあるものを
  2. 出自岛崎藤村《若菜集》中<初恋>一诗之内容:林檎畑の樹(こ)の下に おのづからなる細道(ほそみち)は 誰(た)が踏みそめしかたみぞと 問ひたまふこそこひしけれ
  3. 出自岛崎藤村《若菜集》中<草枕>一诗之内容:あゝ孤独(ひとりみ)の悲痛(かなしさ)を 味ひ知れる人ならで 誰(たれ)にかたらん冬の日の かくもわびしき野のけしき