• 你好~!欢迎来到萌娘百科!如果您是第一次来到这里,点这里加入萌娘百科!
  • 欢迎具有翻译能力的同学~有意者请点→Category:需要翻译的条目
  • 如果您在萌娘百科上发现某些内容错误/空缺,请勇于修正/添加!编辑萌娘百科其实很容易!
  • 觉得萌娘百科有趣的话,请推荐给朋友哦~
  • 萌娘百科群119170500欢迎加入,加入时请写明【萌娘百科+自己的ID】~
  • 萌娘百科Discord群组已经建立,请点此加入!

朔月阳代子

萌娘百科,万物皆可萌的百科全书!
跳转至: 导航搜索
朔月阳代子.jpg
基本资料
本名 朔月さかつき 陽代子ひよこ
(Sakatsuki Hiyoko)
别号 美游的母亲
性别
发色 黑发
瞳色 红瞳
种族 神稚儿
萌点 母亲侧单马尾天才
出身地区 冬木市(美游的世界)
亲属或相关人
女儿:朔月美游
相关图片

朔月阳代子TYPE-MOON旗下Fate/kaleid liner 魔法少女伊莉雅及其衍生作品的登场角色。

简介

朔月美游的母亲。

在结界内独自一人将美游抚养到五岁。

在艾因兹华斯圣杯战争造成的灾害中遇难。

在魔伊正片中,仅仅在介绍朔月家历史时以不露脸的形式登场过。目前为止情报完全来源于剧场版设定集。

美游有着Hiyoko是自己的妈妈的认知。

人物

由于自己一族的宿命,女儿在七岁前是无法自由外出的,而且由于神稚儿的体质,还得有严格的情报限制。但是阳代子太太还是希望美游可以获得俗世的知识,成为一个正常的孩子,可以正常与人交流、正常行动、正常思考。朔月家的母亲代代是如此工作的。将其称之为工作恐怕有些不当,这只是基于母亲对于孩子的爱而已。因此,阳代子对美游展开了超乎常人想象的家庭教育法,毕竟阳代子也是这么被自己的母亲抚养大的。

阳代子本人不仅会舞蹈、插花、茶道这些传统艺能,钢琴、游泳、弓道、合气道也是手到擒来。曾有一段时间还热衷于考资格证,其结果,持有着会计、司法代书人[1]、TOEIC[2]、锅炉工程师、室内设计师、美甲师、河豚调理师等等资格。此外,不是太会用电脑,不过还持有很多没有什么卯月的IT资格证。「今后的时代,果然还是得持有资格证呢,像是一太郎鉴定测试什么的」

美游的绊礼装文本

  • 绊礼装《母亲的回忆》

(翻译来源于MOONCELL

绊礼装《母亲的回忆》

从天正年代起延续至今的世家,朔月家。
据说,出生于此的女孩都生有红瞳,
并拥有超常的力量。
那便是接收人类的思念,并将其随机实现的
孩子——神之稚儿。

第一位神稚儿拯救冬木于饥荒之中,2岁时便夭折了。
第二位的精神先于生命走到了尽头。
从第三位开始,神稚儿的出生就被隐匿了起来。

朔月家的女孩自此便在隔绝人类思念的结界中
由母亲一人亲手抚育。
那是为了让神堕落成人的仪式。
是将不言语,不思考,不活动视为正确,
大约是与正常的育儿方式完全相反的
冷静而透彻的方法。

——那么,这些球是什么呢。

曾与母亲度过的每一天的记忆也模糊不清。
枯燥无味的只有母女二人的生活
机械性地重复。
神之子成为人类后才终于发觉,
那里的确曾有母爱存在。

注释

  1. 文科最难考的资格,通过率仅4%,拥有资格证可以终身以此为业
  2. Test of English for International Communication,国际交流英语能力考试,简称托益,和托福性质类似而有所不同
《Prisma material pre》

朔月阳代子
【人物】
美游の母。さかつきひよこ。
月と太阳の两方が入った、なんだか縁起が良さそうなお名前。「ひよこは私の母(ママ)になる人物だった」とは通りすがりの菌糸类のコメント。
朔月家の离れで美游を出产したのち、ほぼ一人で五岁まで育てた。神稚児が俗世の知识を得てしまうと、どんな愿いを持ってしまうか分からない。よって厳しい情报制限の元、子に不自由を不自由と思わせず育てることが铁则となる。しゃべらず、动かず、思わない子でいさせることが理想。母にとってあまりに辛い试练であるが、朔月家の女は代々この仕事を全うしてきた。いや、仕事ではない。聡明であった阳代子は、それは子への深い爱情に里打ちされたお家独自の教育法なのだと理解した。彼女もまた、母にそのようにして育てられたのだから。
それにしても、大変な美人さんである。美游同様、高スペックなお嬢様で、舞踊や生け花、茶道はもちろんのこと、ピアノや水泳、弓道に合気道と、何でもそつなくこなす。暇に饱かせて资格取得にはまっていた时期があるらしく、簿记、司法书士、TOEIC、ボイラー技士、インテリアコーディネーター、ネイリスト、ふぐ调理师等々……特に使い道のないIT资格をいっぱい持っているとか。「これからの时代、やっぱり资格も欲しいところよね!一太郎検定试験とかどう!?」
ぱそこん関系はあまり得意ではないひよこちゃんであった。まぁ时代が时代だし?

美游绊礼装《母の思い出》

天正から続く旧家、朔月家。
そこに生まれる女児は皆赤い瞳を持ち、
超常の力を有したという。
人の思念を受信し、无作为に现实化してしまう
子供―――神の稚児。
一人目は、冬木を饥馑から救い2岁で死亡した。
二人目は、命より先に精神が尽きた。
三人目からは、出生が秘匿された。
朔月家の女児は、人の思念を遮断する结界内にて
母亲一人の手によって育てられるようになった。
それは、神を人へと堕するための仪式。
喋らず、思わず、动かずが是とされる、
正常な子育てとはおよそ正反対の
冷彻な手続きである。
―――では、この鞠は何なのだろう。
记忆もおぼろげな、母と过ごした日々。
机械的に缲り返されたであろう、
単调无味な母子二人だけの生活。
神の児は人と成り、そしてようやく気づく。
そこには确かに、母の爱があったのだと。

外部链接