• 你好~!歡迎來到萌娘百科!如果您是第一次來到這裡,點這裡加入萌娘百科!
  • 招募具有翻譯能力的同學~有意者請點→Category:需要翻譯的條目
  • 如果您在萌娘百科上發現某些內容錯誤/空缺,請勇於修正/添加!編輯萌娘百科其實很容易!
  • 覺得萌娘百科有趣的話,請推薦給朋友哦~
  • 萌娘百科群119170500歡迎加入,加入時請寫明【萌娘百科+自己的ID】~

東方地靈殿 ~ Subterranean Animism.

萌娘百科,萬物皆可萌的百科全書!轉載請以URL超連結形式標注源地址,并寫明轉自萌娘百科。
前往: 導覽搜尋

  • 萌娘百科東方Project板塊仍在建設中,歡迎您參與編輯詞條!您可以加入QQ群:419617651以更好地與各位編輯者們共同編輯!
  • 為了您更好地參與到編輯中來,請閱讀東方系列條目編輯指引
  • 近期要聞
    • 2018年03月30日 「東方外來韋編」 第五期發售
    • 2018年02月13日 「東方茨歌仙」 第四十四話 於Febri Vol.47 連載
    • 2018年01月30日 一迅社編輯小此木哲朗與ZUN的廣播節目「2軒目から始まるラジオ」第90回放送
    • 2018年01月26日 「東方三月精」1卷帶手辦限定版(角川書店)開始售賣,並發表第九話於CompAce 2018年3月號
Th11Cover.jpg
基本資料
遊戲原名 忌み嫌われた弾幕:東方地霊殿 〜 Subterranean Animism.
遊戲譯名 受詛咒的禁忌彈幕:東方地靈殿 ~ 地底的自然信仰
發布日期 2008年8月16日(Comiket 74)
遊戲類型 縱向捲軸彈幕射擊遊戲
遊戲平台 Windows 2000/XP


受詛咒的禁忌彈幕:東方地靈殿 ~ 地底的自然信仰忌み嫌われた弾幕:東方地霊殿 〜 Subterranean Animism.,とうほうちれいでん,Touhou Chireiden是由上海愛麗絲幻樂團所製作的縱向捲軸彈幕射擊遊戲,東方Project系列的第十一作,Windows平台上的第六個整數作。
本作系統基本延續了《東方風神錄》。

遊戲信息

東方地靈殿標題畫面

東方地靈殿標題畫面


開發、發行:上海愛麗絲幻樂團

設計:ZUN

對應平台:Windows 2000/XP

發行日期:

體驗版0.01a:2008年5月25日
體驗版0.02a:2008年6月29日
體驗版0.02b:2008年7月20日
正式版:2008年8月16日(Comiket 74)
委託販賣:2008年9月17日

推薦配置要求與支持:

CPU  Pentium以上(或者同等性能)的CPU(推薦1GHz以上)
顯卡  支持DirectX9以上的支持DirectGraphic的高速顯卡(推薦顯存32M以上)
音效卡  支持Direct Sound的音效卡
其他  遊戲手柄
 一定程度的彈幕免疫
 地下洞窟的喜愛之心

遊戲基本操作

移動:方向鍵

射擊:Z鍵

使用符卡(BOMB):X鍵

高低速模式切換:Shift鍵

  • 切換到低速模式時,可以進行更精細的移動和讓火力更加集中,同時使道具收集範圍更大

快速跳過對話:Ctrl鍵

遊戲菜單:Esc鍵

Home鍵/P鍵:截圖(存放於/snapshot文件夾內)

F10鍵:切換窗口模式與全屏模式

Q鍵:快速返回遊戲標題畫面

R鍵:快速重新開始遊戲

  玩家可以在博麗靈夢霧雨魔理沙兩位角色之間選擇其中一位作為自機。選擇角色之後,將在三位支援角色之中選擇其中一位(不同的配置會有不同的通常射擊和BOMB),進行全6關的故事模式。當選擇了Normal或以上難度挑戰並且不續關成功破關的話,可以開放難度更高的Extra模式。另外關於結局方面,是否續關、角色和火力配置都會對結局產生影響。

  • Easy:妖精級 - 犯困的時候玩這個難度會馬上睡著的。以不被當成笨蛋為目標加把勁吧。
  • Normal:河童級 - 對人類來說平易近人的難度。但行事猶豫會被「那個」帶走喲。
  • Hard:天狗級 - 讓人拿出真本事的難度。有必要好好研究一下其中的規律。
  • Lunatic:鬼神級 - 逗你玩的難度。一邊喝酒一邊玩好了。
  • Extra:偶像級 - 特別的難易度。隨你玩不玩。

點我返回目錄

故事

冬天的博麗神社。
某日,神社附近突然冒出了沖天的白色間歇泉。
巫女博麗靈夢感到十分驚喜。
她相信這會為神社帶來更多的參拜客。
即使是同間歇泉一起出現的地底怨靈也沒能讓她煩惱太久。
……
然而另一方面,與人類的欣喜不同,地上的妖怪們感到憂心忡忡。
從地底出現的怨靈是妖怪們不願見到的。
魔法使帕秋莉·諾蕾姬找到了古老的妖怪賢者八雲紫一同商量現狀。
於是,
受到了妖怪們委託的博麗靈夢霧雨魔理沙,前往了受人厭惡的地底世界。
以下為由ZUN所寫的故事背景原文,編寫於遊戲手冊之中,點擊展開閱讀
東方地霊殿 〜 Subterranean Animism. 東方地靈殿 ~ Subterranean Animism.
-2- -2-

雪の降る冬の博麗神社。
一度地震により倒壊した神社であったが、今はすっかり元の姿を取り戻している。

そんなある日、博麗神社の巫女、博麗霊夢を驚かす出来事が起こった。
それは博麗神社の近所に突然の立ち上る白い柱、間欠泉である。

普段なら何か出来事が起こると彼女は解決に向かうのだが、その出来事は彼女を驚かすと同時に喜ばす物だったのだ。
間欠泉は雪を溶かし、周りには人間、妖怪問わず体の疲れを癒す温泉が湧く筈だった。

魔理沙「……間欠泉って近寄って危なくないのか?」

霊夢 「神社にお客を呼べるチャンスなんだから、お客が多少危険でも良いのよ。温泉が湧けば里の人間だって参拝に来るに違いない」

魔理沙「温泉目当てだけどな」

冬天被白雪覆蓋著的博麗神社。
雖然神社一度因為地震而倒塌,但是現在已經基本恢復原貌了。

有一天,突然發生了一件令博麗神社的巫女,博麗靈夢,大吃一驚的事。
在博麗神社的附近,突然冒出了一股沖天的白柱,間歇泉。

雖然平時碰上什麼突發事件她都會去解決,但是這次的事卻讓她在驚奇之餘更有一種驚喜。
因為她覺得間歇泉一定會融化冰雪,並且噴湧出能緩解人類和妖怪疲勞的溫泉。

魔理沙「……靠近間歇泉的話不會很危險嗎?」

靈夢「畢竟是個招攬神社生意的好機會,就算來客會遇上點危險也沒關係的。如果冒出溫泉來的話村子裡的人絕對回來參拜的。」

魔理沙「我看就算有人來也只是衝著溫泉而已」

しかし、霊夢の希望的観測は外れた。
間欠泉から湧いている物は温泉水だけでは無かったのだ。

次々とわき出る異形の者達。地霊――地底に住む者達であった。

不過,事實卻與靈夢所期望的有點不同。
因為從間歇泉里噴湧出來不僅僅是溫泉水而已。

接二連三地跑出來的還有異樣的東西。地靈——居住在地底的妖怪們。

慌てた彼女達は間欠泉をどうするべきか悩んだ結果、温泉を取る事にした。
事実、地霊達は大人しかった。地霊といっても、主に地縛霊が変化した物である。
妖怪や幽霊が跋扈する幻想郷、今更、地霊達が出てきたところで大した影響は無いと考えたのだ。

しかし、その巫女の判断は妖怪達の不満を買った。
地霊の出現には霊夢達は知るよしもない秘密があったのだ。

因為這個突發情況,靈夢她們也為如何處理這個間歇泉而煩惱著,最終她們決定還是把它當作溫泉來對待。
而事實上,那些地靈確實都比較老實。雖說是地靈,但主要都是地縛靈變化而來的。
靈夢認為,對於妖怪啊幽靈啊一直橫行的幻想鄉,就算現在多跑出來這些地靈也不會造成多大的影響。

不過,巫女的判斷卻招來了妖怪們的不滿。
因為地靈的背後有著靈夢她們所不知道的秘密。

――紅魔館
紅魔館に住む魔法使い、パチュリー・ノーレッジは地下の妖怪や地霊達が表に出てくる事に危険を感じていた。
彼女は、地上の妖怪には手に負えない力が眠っている事を本を通じて識っていた。
妖怪が容易に地底の街へ立ち入ってはいけない事も識っていた。

しかし、彼女には周りに相談できる人物も殆どいない。
なかなか霊夢達が動かない事に業を煮やし、嫌々だが幻想郷でも最も古くからいるとされる妖怪に相談をする事にした。

古い妖怪――八雲紫(やくもゆかり)は妖怪が地底界へ干渉する事は控えたいとしていた。

紫  『地底界には別の<仕組み>があるのだから、余り派手に動いてはいけない』

パチェ『人間達が動かないしこのままでは後手になってしまうけど、それでも良いのかしら』

紫  『そうねぇ……しょうがないわ、貴方達に<また>勝手に動かれたら面倒だしね』

パチェ『またって何の話なのか……それは置いておいて、取り敢えず貴方が動いてくれる?地底の事知ってそうだし』

紫  『いいえ、私達は動きません。地底に潜るのは人間だけです。これは私達をおびき寄せる罠……かも知れないですから』

紫はそう言って霊夢達を送り出す事だけは約束し、妖怪は地上からサポート役にまわる様にした。

——紅魔館
住在紅魔館裡的魔法使,帕秋莉·諾蕾姬察覺到了地下的妖怪和地靈湧現到地面上來這件事的危機。
她曾經在書里看到過,地下沉睡著不輸於地上的妖怪的強大力量。
也知道地上的妖怪是不能輕易地去到地底之城的。

但是,她的身邊卻沒有什麼能商討這個問題的人。
靈夢遲遲不行動讓她心急如焚,於是她只好很不情願地去找幻想鄉中最古老的妖怪商量了。

古老的妖怪——八雲紫覺得地上的妖怪對於地底界的干涉應當儘量避免。

紫  「地底界屬於別的<組織>在管理著,所以我們不能採取太明目張胆的行動」

帕琪 「如果人類再不採取行動的話那麼就會被地底的傢伙們占領先機啊,即使這樣也沒關係嗎」

紫  「說的也是……而且如果繼續放任不管的話你們<又>採取什麼魯莽的行動那也不太好呢」

帕琪 「又是指的什麼……算了這個先不提,你打算行動了?好像你對地底的事也比較了解」

紫  「不,我們不必行動。潛入地底的只有人類。因為……這次的事件可能是想要引誘我們出動的陷阱」

紫只答應了把靈夢她們送往地下,而妖怪們則在地上擔任援助的工作。

――封印された妖怪達は、激しい間欠泉と共に目覚めた。
大地の記憶が次々と具現化し、まもなく幻想郷は古い歴史の時代へ逆戻りするだろう。

地底の妖怪達は忌み嫌われた能力を持っていたが為に地底に落とされたのだ。
その妖怪達が出てくる事は、人間にとっても妖怪にとっても望ましい事ではなかった。

ゆっくりと光る雪。
美しき色に囲まれた御殿。

彼女はそこにいた。

——被封印的妖怪們,隨著強烈的間歇泉的噴涌而覺醒了。
大地的記憶一個接著一個地具體化,再過不多久幻想鄉就會轉回到古老歷史的時代了吧。

地底的妖怪們因為有著可怕的能力所以才會被囚禁在地底。
這些妖怪重返地面,不管對人類還是妖怪來說都是不希望看到的事。

靜靜地閃耀著光亮的雪。
被美麗的色彩包圍著的宮殿。

她,就在那裡。

  根據玩家的選擇,只會有一位主角出發調查


  主角開始進入地底世界,而與其搭檔的妖怪則在地面上支援。首先來到了昏暗的幻想風穴,在這裡主角先後擊退了琪斯美和黑谷山女。之後主角繼續前行,在洞窟的盡頭,來到連接著地底的橋。打敗了水橋帕露西,主角進入舊都。在舊都的街道上,與星熊勇儀展開比試。擊敗星熊勇儀後,主角根據她的提示來到地靈殿,期間擊退了貓形態的火焰貓燐的襲擾。之後主角見到了地靈殿的主人古明地覺,並將她打敗。覺指出間歇泉可能與她的寵物有關係,於是讓主角從中庭進入更深的地下。在灼熱地獄遺址里,主角打敗了試探其實力的阿燐。阿燐指引主角進入地底都市最深處。在與造成了間歇泉產生的靈烏路空戰鬥並擊敗她後,主角明白了怨靈的出現其實是阿燐故意放出以引起地上人注意,而間歇泉已無法停止。不過主角對於附身在阿空體內的神靈感到不解,並對妖怪山上的兩位神明產生了懷疑……

Extra關背景故事

博麗神社裡。
在與靈烏路空的對話中,靈夢和魔理沙得知將八咫烏附身於阿空的似乎是妖怪山上的兩位神明。
想要弄清事實的兩人決定上山問一問。

以下為由ZUN所寫的Extra故事背景原文,編寫於キャラ設定之中,點擊展開閱讀
■1.エキストラストーリー ■1.Extra Story

雪の博麗神社。
間欠泉は止まる事は無かったが、幽霊や怨霊と言った地底の霊が湧いてく
る事は無くなった。
地底の住人は思った以上に今を楽しみ、平和に満足していた様である。

雪中的博麗神社。
間歇泉沒有停下來,但是幽靈和怨靈這些地底之靈也不再湧出地面。
地底的居民比想像中還要安於現狀,滿足於和平的生活。

地上の妖怪が危惧したような企みも野望もとうに失われ、地上を攻め入ろ
うとする者は愚かな動物に僅か見られただけだった。
これからは地底都市も恐れる事はない。霊夢達も比較的自由に行き来出来
る様になった。その代わり、地底の妖怪もちょくちょく地上に顔を出す様に
なったのだが。

能讓地上的妖怪害怕的企圖和野心也磨損殆盡,想要攻占地面
的傢伙也只不過是個愚蠢的動物。
從今以後再也不必對地底都市抱有戒心了。靈夢她們也能自由
來往於地底世界了。而與之相對,地底的妖怪也常常在地上露面。

霊夢「でさ、何か釈然としないんだけど」

魔理沙「鴉が熱すぎて間欠泉が止まらない。
猫が困って地上に怨霊でサインを送っていた、って事だろ?」

霊夢「鴉が熱すぎる理由は神様を飲み込んだからでしょ?
色々と判ってきたんだけど……
でも、誰かが何らかの目的で鴉に力を与えたんじゃなくて?
力を与えた理由がさっぱり判らないの」

魔理沙「そこんとこ、どうなんだ?」

空「うにゅ?」

靈夢「我說,還是有點事堵在心裡呢」

魔理沙「烏鴉太熱了,間歇泉沒法停下來。
貓覺得有困難所以用怨靈向地面發送信號——你說這件事?」

靈夢「鴉太熱的原因是吞噬了神明的力量吧?
這些事情都已經清楚了……
但是,是誰給了這隻鴉力量,又是出於什麼目的呢?
授予力量的理由,這個問題還全然不明」

魔理沙「那邊那兩個,你們怎麼說?」

空「嗚妞?」

神社の茶の間には何食わぬ顔で空とお燐がいた。彼女達はすっかり神社に馴染み、間欠泉で茹でたというゆで卵を頬張っていた。

神社的茶室里,阿空和阿燐擺出一臉無辜的樣子。她們儼然已經是神社的熟客,正在大口吃著用間歇泉煮的雞蛋。

魔理沙「温泉卵ならいくらでもあるから食べても構わんが、
そろそろ何が起こったのかをだなぁ」

空「うーん。何度も言ってるけど、私が灼熱地獄跡で遊んでいたら地上から神様が降りてきてね。
『この辺の地獄鴉で一番強い者を捜してるの』って言ってきたんでそれなら私ですって即答したわ。
そしたら『なら、貴方に力を与えます』って貰っちゃった」

霊夢「おかしな話ねぇ。
地上の神様がそんな事する意味が全く判らないんだけど。
旧地獄の底にいる鴉に力を与えて誰が何の得をするの?」

空「私が得したわ。強い力を貰って」

お燐「もぐもぐ。
灼熱地獄跡も昔はあそこまで熱くなかったのさぁ。
地底が地獄から切り離された時から、徐々に冷え込んでいってね。
特にさとり様が上に地霊殿で蓋してからは暗く寂しくなったもんさ。
でも、おくうがおかしくなってから急激に火力が増したのよ。
間欠泉の制御もままならない位にね。
もぐもぐ」

霊夢「……灼熱地獄が再燃する事で誰かが得をするのかな?
もう一度、その力を与えた神様について思い出して欲しいの。
どんな風貌だったのか、何か目的を話していなかったかとか」

空「うーん。
もうあんまり覚えてないねー」

お燐「鳥頭よねぇ。
無駄よ無駄、さとり様の眼を持ってしても判らなかったよ。
もうすっかり心から抜け落ちてるってさぁ」

魔理沙「所詮、鳥の頭だな」

空「確か山から来た神様だとは言っていたけど……二人組で」

霊夢「二人組?
あんた、そんな重要なことを今初めて口にしたでしょ?」

お燐「そんな事より温泉造ろうよ。
間欠泉の周りにさ、温泉入ってくいっと……溜らないねぇ」

魔理沙「お前は猫なのにお風呂が好きなのか?」

魔理沙「溫泉蛋有很多,隨便吃也沒所謂,
不過你總該告訴我們發生了什麼事了吧。」

空「嗯——。我說了很多遍了,我在灼熱地獄遺址遊玩的時候,遇見了從地上降臨的神明大人。
神說:『我们在找这地方最强的地狱鸦。』所以我立刻回答『就是我』
然後神說:『那么,赐予你力量。』於是我就得到這力量了。」

靈夢「你說的話真可疑。
地上的神明做這種事,完全搞不懂有什麼意義。
賜力量給居住於舊地獄底部的鴉,對誰有好處呢?」

空「對我有好處啊。我得到了強大的力量。」

阿燐「嚼嚼。
即使是灼熱地獄遺址,想當年也沒有那麼熱。
地底從地獄切分出去後,慢慢地變得更冷了。
尤其在覺大人在上面建起地靈殿後,越發昏暗寂寥。
但是,阿空變得奇怪之後,火力急劇增強。
連間歇泉也沒法隨心控制了。
嚼嚼。」

靈夢「……灼熱地獄再燃這件事,究竟誰會得利呢?
關於給你力量的那個神明,我希望你能再回憶一下。
容貌長什麼樣,有沒有提到目的之類的。」

空「嗯——。
已經記不清楚了——」

阿燐「鳥的腦袋就這樣。
沒用的沒用的。即使有覺大人的心眼也沒法知道。
因為根本沒記在心裡嘛。」

魔理沙「終究只是鳥的腦袋啊。」

空「倒是說過她們是從山上來的……那兩位。」

靈夢「那兩位?
你啊,這麼重要的事情現在才說啊?」

阿燐「不說這件事了,造溫泉吧。
在間歇泉的周邊啊,泡個溫泉然後喝一杯……光是想就忍不住了!」

魔理沙「你明明是貓,還喜歡泡澡?」

霊夢と魔理沙はうすうす感じていた。
その神様とはあの山の上にいる二人の神様なのではないかと。

鴉に聞いても拉致があかないので、こうなったら自ら確かめに出かけるし
か無いと思った。冬の山は厳しいが、地底の灼熱に比べれば楽なもんである。

地獄の鴉に強大な力を与えた理由と、
これから何が起ころうとしているのかを。

靈夢和魔理沙隱約察覺到了。
她說的神明,會不會就是那座山上的那兩位神明呢。

她們想,問了這隻鴉也毫無進展,這樣的話就只能親自出發
去問個究竟了。雖說冬天的山冷得厲害,比起地底的灼熱還是要輕鬆得多。

她們要去問一問,賜予地獄之鴉強大力量的理由,還有今後神明們的意圖。

  在山上的守矢神社,主角擊退了東風谷早苗後,遇到了來到山上的古明地戀。戀前來正是想得到神明的力量,讓自己的寵物變強大。與戀進行了一場彈幕戰後。主角從山上的神明那裡聽說了利用核融合的「河童的能量產業革命」。

點我返回目錄

遊戲系統

  本作系統基本延續前作《東方風神錄》,下面主要介紹相對於前作的變化。

系統變化

  自機的選擇仍為靈夢和魔理沙,但是取消了武器選擇而採用了類似《永夜抄》的支援角色選擇。不同的支援角色將影響自機的射擊、BOMB(遠程靈擊)、特殊能力及遊戲情節。本作的Power值計數方式與前作類似,但是最大值由5.00減少成4.00,因此最大裝備數為4。(魔理沙與愛麗絲搭配時,Power最大值為8.00,可以使用8次靈擊。)另外,本作恢復了在《風神錄》中取消的擦彈系統,並且擦彈數會對下述的「通信強度」產生影響。

通信強度

  本作的特色系統。在畫面的左下角顯示有一個像手機信號一樣的計量的通信強度,在其下方還同時顯示有得分最大值。當收集藍色得分道具時,兩者相乘之值即為得到的分數。   當自機移動到道具自動收集線以上時,通信強度將會增至全滿。此外,當持續擦彈時,也會使通信強度增加。其初始的最大和最小值分別為0.00和1.00。通信強度達到最大時,便可自動收集道具。擦彈數每增加100,最大和最小值各上升0.01點。而當離開道具自動收集線或停止擦彈,通信強度會下降。

得分最大值

  通過收集綠色的得分最大值道具可提高得分最大值。大型的可增加100點,在擊破敵機時出現;小型的增加10點,在Power值全滿時代替P道具出現;超小型的由敵彈變成,每收集100個可增加10點。

不同難度下的得分最大值
難度 初始值 最大值
Easy 25000 50000
Normal 50000 100000
Hard 100000 200000
Lunatic 200000 400000
Extra 200000 400000

殘機碎片

  從本作開始出現了「碎片」道具。在道中頭目及頭目戰時,在倒計時之前擊破頭目且沒有miss時可得到。每收集5個即可增加一個殘機。

登場角色

可選自機

  • 點擊圖片以閱讀隱藏內容

樂園的巫女—博麗靈夢

樂園的巫女——博麗靈夢
Th11Reimu.png
角色說明
能力:主要是能夠在空中飛程度的能力
移動速度  普
特技  中彈判定稍小

Manual—博麗靈夢

○樂園的巫女 博麗 靈夢(Hakurei Reimu)

每次大家都很熟悉的巫女。博麗神社的巫女。

性格上對什麼都平等相待。但是,因為工作是負責治退妖怪
所以對妖怪表現出嚴厲的態度,實際上不管是人類還是妖怪
都沒有什麼太大興趣。

被各種妖怪所喜歡著,特別是被強力的妖怪所喜歡著。

キャラ紹介

○樂園的巫女
博麗靈夢
Hakurei Reimu

種族:人類
能力:主要是能夠在空中飛程度的能力


每次大家都很熟悉的巫女。博麗神社的巫女。

性格上對什麼都平等相待。但是,因為工作是負責治退妖怪
所以對妖怪表現出嚴厲的態度,實際上不管是人類還是妖怪
都沒有什麼太大興趣

比起地底更喜歡高處。

支援角色
八雲紫 前方集中型 伊吹萃香 貫通誘導型 射命丸文 移動特化型
境界的妖怪—八雲紫
Option  滾動型
普通射擊  「頂門紫針」
遠程靈擊  「違背常識的另一側」
支援特技  在畫面一端可攻擊另一段
 可以從畫面一端瞬間移動到另一端
 操作方法:鬆開射擊鍵,朝畫面兩端快速按兩下方向鍵

キャラ紹介

○境界的妖怪
八雲紫
Yakumo Yukari

種族:妖怪
能力:操縱境界程度的能力

平常根本搞不清楚她人在哪的神出鬼沒的妖怪。
這次製作了能夠對話的陰陽玉。

因為地底和地上的妖怪們所構築的是完全不同的社會,因此並不想過多
去干涉。對突然出現的怨靈感到很困惑。
因為怕異變擴大之後會很討厭,而拜託影響力比較小的靈夢前往調查。

小小的百鬼夜行—伊吹萃香
Option  左右配置
普通射擊  「鬼神磷火術」
遠程靈擊  「萃靈花」
支援特技  可以回收全畫面內的道具
 操作方法:鬆開所有按鍵

キャラ紹介

○小小的百鬼夜行
伊吹萃香
Ibuki Suika

種族:鬼
能力:操縱密度程度的能力

曾居住在地底的鬼族的一員。
雖然最近來到了地面上,但究竟居住在哪裡完全不明。

因為聽說地底似乎發生了什麼的樣子,而同意了紫的作戰。
雖然也不是沒想過自己去調查不就好了嗎,但更喜歡紫那個
又有趣又不麻煩,還能一邊喝酒一邊進行的方法。

傳統的幻想文屋—射命丸文
Option  指定方向配置
普通射擊  「深山颪」
遠程靈擊  「烏鴉的暗影」
支援特技  可超高速移動
 操作方法:鬆開射擊鍵

キャラ紹介

○傳統的幻想文屋
射命丸文
Shameimaru Aya

種族:天狗
能力:操縱風程度的能力

住在山上的天狗新聞記者。

因為發覺山上的神和河童似乎在偷偷摸摸搞些什麼而潛入調查之後,
發現答案在地底世界。

考慮到如果能採訪到有價值的新聞寫成報導應該能一口氣提升出版量,而利用了靈夢。
因為對於天狗來說進入地底這種事情是必須儘量避免的。

普通的魔法使—霧雨魔理沙

普通的魔法使——霧雨魔理沙
Th11Marisa.png
角色說明
能力:使用魔法程度的能力
移動速度  速
特技  更易回收道具

Manual—霧雨 魔理沙

○普通的魔法使 霧雨 魔理沙(Kirisame Marisa)

居住在幻想鄉的一名普通的魔法使,有收集癖。

雖然看起來性格扭曲,其實內心比誰都耿直。一直都穿著黑色的衣服
那是因為她認為魔法使就應該是黑色的,以及黑色的衣服不容易髒這些理由。
性子非常直。

作為魔法使,與使用魔法的妖怪的相性很好。
但是,不怎麼被喜歡著。

キャラ紹介

○普通的魔法使
霧雨魔理沙
Kirisame Marisa

種族:人類
能力:使用魔法程度的能力

居住在幻想鄉的一名普通的魔法使,有收集癖。

雖然看起來性格扭曲,其實內心比誰都耿直。一直都穿著黑色的衣服
那是因為她認為魔法使就應該是黑色的,以及黑色的衣服不容易髒這些理由。
性子非常直。

很喜歡又黑又窄的空間。

支援角色
愛麗絲·瑪格特洛依德 支援強化型 帕秋莉·諾蕾姬 河城荷取 防禦重視型
七色的人偶師—愛麗絲·瑪格特羅依德
Option  人偶配置
普通射擊  「Rainbow Wire」
遠程靈擊  「Remote Sacrifice」
支援特技  可以攜帶的支援配件最大值為八個
 最多可以使用八次靈擊

キャラ紹介

○七色的人偶師
愛麗絲·瑪格特洛依德
Alice Margatroid

種族:魔法使
能力:操縱人偶程度的能力

居住在森林裡的人偶師。

雖然從間歇泉里感覺到了異樣的氣息,但妖怪是很忌諱進入地底世界的為此正煩惱著。
恰好這時,看到魔理沙也對間歇泉的事情津津有味,便唆使魔理沙前往地底進行調查。
她對魔理沙說這是享受溫泉的一種遊戲,讓其前往間歇泉的源頭部分。
還讓她帶著由紫製作的自己可以遠距離操縱的人偶。

不動的大圖書館—帕秋莉·諾蕾姬
Option  火符 前方集中配置
 水符 前方大範圍配置
 木符 斜線攻擊配置
 金符 左右攻擊配置
 土符 後方攻擊配置
普通射擊  「Every-Angle Shot」
遠程靈擊  「Five Season」
支援特技  可以切換支援配件的配置
 操作方法:同時按下射擊鍵與低速鍵

キャラ紹介

○不動的大圖書館
帕秋莉·諾蕾姬
Patchouli Knowledge

種族:魔法使
能力:使用魔法程度的能力

居住在紅魔館的魔法使。

注意到從間歇泉中湧現出了大量的地靈。
仔細調查之後發現,那些地靈雖然看上去和一般的幽靈一模一樣
但其實是怨靈。
怨靈和幽靈不一樣是一些對世界懷有怨恨的靈體。它們對於人類以及妖精妖怪們都是有害的存在。

雖然想自己慢慢尋找有關於怨靈方面的書籍,但如果不先找什麼人去調查間歇泉的話會很危險。
困惑的帕秋莉找到紫商量。紫也很吃驚的樣子,最後想出讓人類前往地底進行調查的計策。

超妖怪彈頭—河城荷取
Option  後方配置
普通射擊  「空中魚雷」
遠程靈擊  「Optical Camouflage」
支援特技  即使展開靈擊屏障 只要不中彈 不算使用靈擊

キャラ紹介

○超妖怪彈頭
河城荷取
Kawasiro Nitori

種族:河童
能力:操縱水程度的能力

居住在山上的河童。
河童們帶來了非常震驚的消息。山上的神曰,地底的超高溫核融合爐正在逐漸完成中。
真想儘早得到那究極的能量,來做各種嘗試。

雖然這麼想,但作為河童並不想進入有鬼居住的地底。
正在考慮應該怎麼進入地底調查的時候,恰巧此時,有傳聞說靈夢受到妖怪的委託前往地底了。

因為怕被搶先,荷取便找到看起來很閒的魔理沙進行商議最後決定讓她前往地底。

登場敵機

BOSS可怕的水井妖怪—琪斯美

キャラ紹介
Th11Kisume.png

○1面中BOSS可怕的水井妖怪
琪斯美
Kisume

種族:釣瓶落
能力:掉落鬼火程度的能力

走在夜路上的時候突然從正上方掉落,撞在頭頂上的恐怖妖怪。

平常都呆在洞窟或者水井裡。非常喜歡狹窄的地方所以一直都在桶里,是個內向的妖怪。

○1面中ボス恐るべき井戸の怪
キスメ
Kisume

種族:釣瓶落とし
能力:鬼火を落とす程度の能力

暗い夜に道を歩いていると真上から落ちてきて、頭をぶつけてしまう恐怖の妖怪。
普段は洞窟や井戸の中にいる。狭いところが大好きでいつも桶に入っている内気な妖怪である。

昏暗洞窟中明亮的網—黑谷山女

キャラ紹介
Th11Yamame.png

○1面BOSS昏暗洞窟中明亮的網
黑谷山女
Kurodani Yamame

種族:土蜘蛛
能力:操縱疾病(主要是傳染病)程度的能力

活動於舊都和洞窟底層的妖怪。
對於和人類戰鬥沒有絲毫牴觸情緒。性格開朗好戰。

但是因為其能力而被所有見過她的人所討厭。
只是,她本人並不會隨便讓他人患上疾病。
經常和她接觸就會發現她是個開朗有趣的妖怪,在地下的妖怪之間非常有人氣。

○1面ボス暗い洞窟の明るい網
黒谷ヤマメ(くろだにやまめ)
Kurodani Yamame

種族:土蜘蛛
能力:病気(主に感染症)を操る程度の能力

旧都や洞窟の奥底で活動している妖怪。
人間と戦う事に一切の抵抗感は無い。好戦的で性格は明るい。

ただその能力から会う者全てに嫌がられる。
しかし、本人は無闇に相手を病に冒したりはしない。
よく話をしてみると明るく楽しい妖怪で、地下の妖怪達の人気者である。

地殼下的嫉妒心—水橋帕露西

キャラ紹介
Th11Parsee.png

○2面BOSS地殼下的嫉妒心
水橋帕露西
Mizuhashi Parsee

種族:橋姬
能力:操縱嫉妒心程度的能力

她呢,其實算是看守連結地上與地下的縱坑的守護神。
負責守望著他人能夠平安從地上世界到達地下世界,以及從地下世界來到地上世界。

但是,其性格非常容易嫉妒,看到有似乎很歡樂的傢伙就會心情不爽。
一旦發現那樣的傢伙,就會跑去搗亂。

嫉妒會產生更多的嫉妒,在她因嫉妒而瘋狂的同時,也會煽動他人的嫉妒心。

○2面ボス地殻の下の嫉妬心
水橋パルスィ(みずはしパルスィ)
Mizuhashi Parsee

種族:橋姫
能力:嫉妬心を操る程度の能力

一応、地上と地下を結ぶ縦穴の番人というか守護神である。
地上世界から無事に地下世界に辿り着けるよう、また逆に地下世界から地上世界に辿り着けるように見守ってくれる。

だが、非常に嫉妬深く、楽しそうに移動している奴が気にくわない。
そういう奴を見かけると、つい邪魔をしてしまう。

嫉妬はさらなる嫉妬を生み、彼女は嫉妬狂いであると同時に、他人の嫉妬心を煽る事が出来る。

為人所傳誦的怪力亂神—星熊勇儀

キャラ紹介
Th11Yuugi.png

○3面BOSS為人所傳誦的怪力亂神
星熊勇儀
Hoshiguma Yugi

種族:鬼
能力:擁有怪力亂神程度的能力

和萃香一起曾經被稱為山中四天王的鬼族一員。現居住於舊都中。
舊都過去雖然曾經是地獄的一部分,是伴隨著地獄小型化計劃而被廢棄的土地。

這裡雖然有居住著各種各樣的妖怪,但其中具有代表性的妖怪便是鬼族。
鬼族對於人類的欺騙行為感到厭惡決定主動離開,利用地獄多餘的土地構建了新的社會。

同時鬼族也積極的率先接收那些在地上同樣遭到欺騙耍弄的妖怪。
對此事產生危機感的地上妖怪們,作為承認新的地底都市的條件提出了一個要求。

那便是由他們來封印地底的怨靈。相對的定下了任何妖怪都不得進入地下都市的約定。

鬼們完全斷絕了與地上的交流,不為人知的開始了全新的社會生活。


勇儀和其他鬼一樣,每天一邊嬉鬧一邊喝酒,快樂的享受著生活。
突然聽說有強大的人類來此,雖然酒才喝到一半但還是慌忙前去想一探究竟……

○3面ボス語られる怪力乱神
星熊勇儀(ほしぐまゆうぎ)
Hoshiguma Yugi

種族:鬼
能力:怪力乱神を持つ程度の能力

萃香と共に山の四天王と呼ばれた鬼の一人。今は旧都に住んでいる。
旧都は昔は地獄の一部であったのだが、地獄のスリム化と共に切り捨てられた土地である。

ここには様々な妖怪が住んでいるのだが、その中でも代表的な妖怪が鬼である。
鬼は地上の人間に嫌気が差して自ら去り、余った地獄の土地に新しい社会を築いたのだ。

鬼達はこの他にも地上で嫌われた妖怪達を率先して受け入れた。
その事に危険を感じた地上の妖怪達は、新しい地下都市を認める代わりにある条件を出した。

それは地獄の怨霊の封じる事である。それをする代わりに如何なる妖怪も地下都市には入らせないと約束をしたのだ。

鬼達は地上との交流を断ち、完全に新しい社会生活を人知れず営んでいたのである。


勇儀は鬼らしく、毎日騒ぎながらお酒を呑み、生活を楽しんでいた。
強い人間が入ってきたと聞き、呑んでいる途中であったが慌てて駆け付けてきたのだが……

連怨靈都恐懼的少女—古明地覺

キャラ紹介
古明地覺(地靈殿立繪).png

○4面BOSS連怨靈都恐懼的少女
古明地覺
Komeiji Satori

種族:覺
能力:可以讀心程度的能力

地靈殿的主人。

雖然地底都市已經被排除在地獄之外,但那些曾經是地獄設施的遺蹟里依然還殘留著無數充滿怨念的靈們,因而必須有人對他們進行管理。

在灼熱地獄遺址上建立起了地靈殿,她就在那裡居住了下來。
因為她能夠讀取他人心中的想法,不管是任何妖怪,怨靈都為之感到恐懼,
不知從何時起幾乎沒有人再來地靈殿造訪了。

但是,相反因為能讀心而受到那些不會說話的動物們的喜愛,地靈殿逐漸變成了充滿火焰貓,地獄鴉等寵物們的房屋。

因為寵物的增多結果導致灼熱地獄遺蹟無法完美的管理,最後只得把很多管理事項交由寵物們去做。

把寵物的管理交給寵物去做。
把庭院的修繕交給寵物去做。
把陪妹妹玩的工作交給寵物去做,如此。

但是,突然出現不應該出現的地上的人類,在聽說怨靈和間歇泉異變之後她大吃一驚。

怨靈的管理她交由阿燐去做,灼熱地獄的火力調節則交給了阿空。
她們應該都是忠心於覺不會做什麼壞事才對。她相信決不會發生什麼異變才對。

搞不好,也許是眼前這個人類撒謊有什麼別的企圖,她這麼想著。
讀了那人類心中的想法之後,她又吃了一驚。

她們的心中,幾乎沒有任何關於怨靈和間歇泉的情報。
覺詫異了,她決定先試探一下她們。

○4面ボス怨霊も恐れ怯む少女
古明地さとり(こめいじさとり)
Komeiji Satori

種族:さとり
能力:心を読む程度の能力

地霊殿の主。

地底都市が地獄から切り離されたが、未だ地獄の施設があった場所には多くの浮かばれない霊達が残っており、それらを管理する者を必要とした。

灼熱地獄跡の上には地霊殿が建てられ、そこに彼女が住む事となった。
彼女は心を読む事が出来る為、如何なる妖怪、怨霊からも恐れられ、
いつしか地霊殿に訪れる者は殆ど居なくなっていた。

しかし、逆に心を読む能力が言葉を持たない動物達に好かれ、地霊殿には火焔猫、地獄鴉を始めとするペット達が溢れる屋敷となっていた。

ペットの多さに今度は灼熱地獄跡がまともに管理しきれなくなり、色んな管理をペットに任せるようになったのである。

ペットの管理をまた別のペットに。
庭の手入れをペットに。
妹の遊び相手をペットに、と。

だが、地上から訪れる筈のない人間が現れ、怨霊や間欠泉の異変を聞
かされた時は大いに驚いた。

怨霊の管理はお燐に任せ、灼熱地獄の火力調節は空に任せていた。
彼女達はさとりに忠実で何も悪い事はしない筈である。異変など起こる筈がないと信じていた。

もしかしたら、目の前の人間が嘘を吐いて何かを企んでいるのかも知れない、と心の中を読み、もう一度驚いた。

人間達の心の中には、怨霊や間欠泉といった情報は殆ど無かったのである。
さとりは訝しみ、人間達を試す事にした。

地獄的輪禍—火焰貓燐

キャラ紹介
Th11Rin.png

○5面BOSS地獄的輪禍
火焰貓燐(通稱:阿燐)
Kaenbyou Rin

種族:火車
能力:帶走屍體程度的能力

真正的名字叫火焰貓燐
本人比較討厭很長的名字,所以總是叫別人稱呼自己阿燐。

是棲息於火焰中的貓,覺的寵物。能說善辯,因為可以和屍體以及靈體對話,所以被任命管理灼熱地獄遺蹟的怨靈。

她跟靈烏路空是交情很深的朋友。和她是從剛被覺飼養的時候開始,
也就是當地底不再是地獄之後她們便成了朋友。


某日,她在灼熱地獄遺蹟中感覺到了異樣。
火力比平常任何時候都要強。

火力的管理是空的管轄範圍。阿燐立刻找到空卻吃了一驚。
不知是從誰那裡得到的,總之她獲得了讓人感到恐懼的強大力量。

從那以後,空開始自命不凡,到處想要顯示自己的力量。
最後甚至說想要將地上變成灼熱地獄來進行統治。

那種事情怎麼可能呢。覺大人也不會允許那樣。
而且那種企圖一旦被地底的什麼人知道的話,空搞不好還會遭到鬼族的捕殺。
阿燐對於朋友的變化感到詫異,使用了禁斷之技。


那便是將怨靈送往地面上。如此一來如果能讓地上的妖怪們察覺到有異變的話,也許事情會有所改變。
她雖然向地面上的妖怪們求助,但出現在她面前的卻是地上的人類。

那個人類出人意料的強,據說是被稱為治退妖怪專家的人類。
如果那個人類確實有實力的話,搞不好可以教訓一下自命不凡的空也不一定,她那麼想。


雖然一開始就去找覺大人商量便可,但阿燐總覺得還是先隱瞞空出現異樣的事實比較好。
因為她總覺得一旦察覺到空有那種異樣,覺大人應該也會毫不留情的將空捕殺吧。
當然其實根本不會那樣,但就像小孩子怕被家長髮現自己的秘密一樣,阿燐也害怕自己的秘密被發現。
因為阿燐對她抱有一種敬畏的想法。

○5面ボス地獄の輪禍
火焔猫燐(かえんびょうりん)(通称:お燐)
Kaenbyou Rin

種族:火車
能力:死体を持ち去る程度の能力

本当の名前は火焔猫燐(かえんびょうりん)
本人は長い名前が嫌いで、誰にでもお燐と呼ばせている。

火の中に棲む猫で、さとりのペットである。口が上手く、死体や霊と自由に会話が出来る為、灼熱地獄跡で怨霊の管理を任されている。

彼女の古い友人に霊烏路空が居る。彼女とはさとりに飼われ始めた頃、
則ち地底が地獄でなくなった頃以来の親友である。


ある日、彼女は灼熱地獄跡に異変を感じ取った。
いつもよりも火力が強かったのだ。

火力の管理は空の管轄である。お燐はすぐに空の元を訪ねて驚いた。
誰から貰ったのか、恐ろしいまでの強力な力を手に入れていたのだ。

それ以来、空は増長し始め、力を見せつけるようになっていった。
終いには地上を灼熱地獄にして支配するとまで言い始めた。

そんなこと出来る筈もない。さとり様が許す筈もない。
その企みを地底の誰かに知られてしまえば、空は鬼達に始末されてしまうかも知れないのに。
お燐は友人の変貌に呆れ、彼女は禁断の技を使う。


それは怨霊を地上に送り込む事。それにより地上の妖怪達に異変を知らしめる事が出来れば、何かが変わる筈だと。
彼女は地上の妖怪達に助けを求めたのだが、彼女の前の現れたのは地上の人間だった。

その人間は思いの外強く、妖怪退治の専門家といううってつけの人間だったのである。
その人間の腕が確かなら、増長した空を懲らしめる事が出来るかも知れない、そう考えた。


最初からさとり様に相談すれば良かったのだが、お燐は何となく空の異変を隠した方がいいと思っていた。もし空の異変に気付けば、
さとり様は容赦なく空を始末するだろう、そう考えていた。
勿論そんな筈も無いのだが、子供が親に秘密がばれるのを恐れる様に、お燐も秘密がばれる事を恐れていた。
お燐は彼女に畏怖の念を抱いていたのである。

難以駕馭的神之火—靈烏路空

キャラ紹介
靈烏路空(地靈殿立繪).png

○6面BOSS難以駕馭的神之火
靈烏路空(通稱:阿空)
Reiuzi Utsuho

種族:地獄鴉with八咫烏
能力:操縱核融合程度的能力


外表大放異彩的烏鴉。

左足乃『分解之足』
右足乃『融合之足』
然後右手所持的是控制它們的『第三足』

據說她就是靠這三足來操縱究極的能量。

在沉入永眠的火焰地獄遺蹟上有一座地靈殿。
在地底世界已經不再是地獄的現在,已經不再會有罪人被貶入此地,
現在只有以前就住在這裡的地獄鴉,負責搬運屍體的火車,其他一些怪異的妖怪們,以及只靠怨恨行動的怨靈們住在這裡。
覺呢,把這塊屬於自己的土地分配給寵物們居住。

空也和燐一樣,是覺的一隻寵物。

燐負責怨靈,而空則負責看守火焰地獄遺蹟防止其失控。
她的工作就是,發現火焰變旺了就打開中庭的天窗,火力不足了就將燐送來的屍體扔進其中,藉此來調整火力。
每天每天,雖然都重複著同樣的事情,但也算過著平穩充實的生活。


但是,從某天開始這種日子被打破了。

有什麼人從地上,沒有被任何人發現一口氣進入了地獄火焰遺蹟當中。
然後對她說了什麼。
那聲音的內容刺激了她的好奇心。

『在地狱火焰遗迹中隐藏有诞生出人类能够获得的最后一种能量的秘密。
以及,你这只栖息在火焰中的乌鸦。
你应该可以让那究极的力量寄宿于自己身体中。
那样一来不仅是对于地底,也可以给地上带来更多的希望吧』


她被光芒所包圍,感覺到有什麼人進入到了自己的身體當中。
等回過神來便發現自己的樣子產生了巨大的變化。

空對於使用獲得的力量感到非常有趣,回過神來發現灼熱地獄遺蹟已經恢復了以前的熱度。
那溫度燒熱了地下水,當水蒸氣的壓力到達極限時便會變成間歇泉一口氣噴出地面。

從地上來訪的使者。
那究竟是什麼人呢,以及目的是什麼。
空小小的頭腦中,立刻說出了那樣的疑問。



——八咫烏
進入她身體裡的力量是一種被稱為八咫烏的神。
有三隻腳的烏鴉,據說居住在太陽上。

八咫烏所擁有的究極力量,便是創造原子的力量,核融合。
核能,這是留給未來的究極幻想。

○6面ボス熱かい悩む神の火
霊烏路空(れいうじうつほ)(通称:おくう)
Reiuzi Utsuho

種族:地獄鴉with八咫烏
能力:核融合を操る程度の能力


一際異彩を放つ姿を持つ鴉。

左足に『分解の足』
右足に『融合の足』
そして右手にそれらを制御する『第三の足』

彼女はこれらの三本足で究極のエネルギーを操作するという。

永い眠りについた火焔地獄跡の上に地霊殿はあった。
地底世界が地獄のものでは無くなった今、ここに罪人が落とされる事は無く、今では元々棲んでいた地獄鴉、死体を運ぶ火車、他に物好きな妖怪達と、恨みだけで動く怨霊しか住んでいなかった。
さとりは、自分の物となったその場所にペット達を住まわせた。

空も燐と同じ、さとりのペットの一匹である。

燐は怨霊を、空は火焔地獄跡が暴走しないか見張っていた。
彼女の仕事は、少しでも火が強くなったら中庭の天窓を開け、火力が衰えたら燐が運んできた死体を投げ込み、火力を調整する事。
毎日毎日、同じ事の繰り返してはあったが、平和で満足のいく生活を送っていた。


しかし、ある日を境にその日常が崩れてしまう。

何者かが地上から、誰にも気付かれる事なく火焔地獄跡まで一気に入り込んできたのだ。
そして彼女に語りかけた。
その声は彼女の好奇心を刺激した。

『火焔地獄跡には究極にして人類が手のする事が出来る最後のエネルギーを生む秘密が隠されています。
そして、火焔の中に棲む鴉である貴方。
貴方はその究極の力を体に宿らせる事が出来る筈です。
それにより地底のみならず、地上にも希望をもたらしましょう』

彼女は光に包まれ、何者かが体に入り込んでくるのを感じた。
気付いた時には彼女の姿は大きく変化していた。

空は手に入れた力を使うのが楽しくて、気が付いたら灼熱地獄跡は熱さを取り戻していた。
その熱は地底の水を熱し、水蒸気の圧力が限界に達した時に間欠泉となって地上に吹き出していたのである。

地上から訪れた者。
それは何者だったのだろうか、そして目的は。
空の小さな頭は、そんな疑問をすぐに吐き出してしまった。



――八咫烏(ヤタガラス)
彼女の体に入り込んだ力とは八咫烏と呼ばれる神様。
三本足の鴉で、太陽に住んでいると言われている。

八咫烏が持つ究極の力とは、原子創造の力、核融合である。
核エネルギーは、未来に残された究極の幻想であった。

緊閉的戀之瞳—古明地戀

キャラ紹介
Koishi1.png

○EX面BOSS緊閉的戀之瞳
古明地戀
Komeiji Koishi

種族:覺
能力:操縱無意識程度的能力

古明地覺的妹妹。
她也和覺一樣,是能夠讀心的妖怪。
但是當得知讀心會遭到他人的厭惡時,戀便閉上了能夠讀心的第三隻眼。

雖然因此而失去了讀心的能力,但相對的卻可以在無意識下進行行動了。
雖然這樣便不會遭到地底居住者們的厭惡,但同時也不會被恐懼也不會被動物們所喜歡了。

讀心的能力,也是自己心靈的強度。
說那樣會遭人厭惡而閉上眼睛的話,那不過只是單純的逃避,結果和封閉自己的內心沒有任何差別。
那代表了不接受別人的心靈完全將其屏蔽的意思。


她變成了沒有任何目的,僅僅只是在周圍四處遊蕩的妖怪。
對於她自己而言這樣也算是有趣,所以並沒有任何問題。
但周遭看來這樣的她稍微有一點可憐。

姐姐覺也只有戀她自己封閉起來的心靈無法讀取,完全不知道她平常都在什麼地方做些什麼。
就像寵物貓一樣在外面玩夠了回來,很快又跑到外頭去玩了。

覺感到現在這樣的戀太可憐,最近開始命令寵物跟戀一起玩耍,並給她分配了幾隻專屬寵物。
覺認為通過飼養寵物能夠讓她找到目的,這樣應該可以逐漸再次接受他人的心靈。
雖然微乎其微,但開始飼養寵物的戀似乎逐漸開始發生了變化。



這次,聽說地上有人類下來跟姐姐和阿空她們爭鬥了一番,
當中比較在意阿空驚人的能力提升,便開始向地上出發。

在無意識下行動的她,沒有被任何人所察覺。
即使前往地上,即使從睡著的巫女身邊通過,即使從有天狗巡邏的山上通過,都不會有任何人注意到她吧。

那樣雖然非常方便,但看起來卻十分的淒涼。
但是,現在的她卻沒有那能夠感受到淒涼的心靈。


在目的地山上的神社偶然遇到的人類。與那未知的人類的相遇給她的心境帶來了小小的變化。
她想,竟然還有這麼有趣的生物存在啊,她想要更多的了解關於眼前這個生物的事情。
這個時候她第一次,對於自己閉上第三隻眼的事感到了後悔。


首先把她招待至地底的地靈殿去吧。
她和姐姐以及阿空,阿燐她們展開了一場什麼樣的戰鬥呢。
至今為止,她都和什麼樣的妖怪展開了戰鬥呢。
我想聽聽這無盡的話題。


當她這麼想時,突然感覺到自己第三隻眼瞼仿佛變得柔和了。

○EX面ボス閉じた恋の瞳
古明地こいし(こめいじこいし)
Komeiji Koishi

種族:さとり
能力:無意識を操る程度の能力

古明地さとりの妹。
彼女もさとり同様、心を読む妖怪であった。
しかし心を読む事で嫌われる事を知り、こいしは心を読む第三の眼を閉ざしてしまった。

それにより心を読む能力を失ったが、代わりに無意識で行動する事が出来る様になった。
地底の住人からは嫌われる事は無くなったが、同時に恐れられる事も動物たちに好かれる事も無くなった。

心を読む力は、自らの心の強さでもある。
それを嫌われるからと言って閉ざしてしまう事は、ただの逃げであり、結局は自らの心を閉ざしたのと変わらない。
他人の心を受け入れないで完全にシャットダウンする事なのだ。


彼女は大した目的もなく、あちこちをフラフラ放浪するだけの妖怪となってしまった。
彼女としては別にそれが楽しいのだから、何の問題もないのだが。
周りから見ると少し可哀想にも見える。

姉のさとりも閉ざされたこいしの心だけは読む事は出来ず、いつも何処で何をしているのかよく判っていない。
ペットの猫のように遊んで帰ってきては、また遊びに出て行ってしまう。

さとりはそんなこいしを不憫に思い、最近ペットにこいしと遊ぶようにと命令し、何匹か専属のペットを与えた。
ペットを飼う事で少しずつ目的が生まれ、他の人の心を受け入れる事も出来る様になると考えていた。
少しずつだが、ペットを飼い始めてからこいしも変わってきた様だった。



今回は、地上から人間が降りてきて姉やおくう達と一悶着あったと聞き、中でもおくうの驚異的な能力アップが気になり、地上を目指す事にした。

無意識で行動する彼女は、誰にも気付かれることが無い。
地上に出ようと、寝ている巫女の脇を通り抜けようと、天狗が警備する山を通ろうと、誰一人彼女の気配に気付かないだろう。

それは都合の良い事もあるが、やはり少し寂しく見える。
しかし、寂しいと思う心も持ち合わせていなかったのである。


目的である山の上の神社で偶然出会った人間。
その未知なる人間との出会いが彼女の心境に小さな変化をもたらした。
こんな面白い生き物が居るなんて、と思い、もっと目の前の生き物の事を知りたいと思った。このとき初めて、第三の眼を閉ざした事を後悔した。


まず手始めに地底の地霊殿に招待しよう。
お姉ちゃんやおくう、お燐とどんな戦いをしたのだろうか。
今まで、どんな妖怪と戦ってきたのだろうか。
尽きることのない話題を聞きたい。


そう思った時、こいしの第三の瞼が少し柔らかくなるのを感じた。

其他角色

最後那麻煩的迷之神—八坂神奈子洩矢诹访子

キャラ紹介

○最後那麻煩的迷之神

八坂神奈子和洩矢诹访子
她們是妖怪之山上據說連神社一起新搬進來的神。

這次的事件最早就是始於她們。

――河童的能量產業革命

被冠以此名的計劃平安走完第一階段,目前正步入實用化的道路。

那個計劃的目的,就是打算將不再被使用的灼熱地獄當成超高溫爐進行再利用,提取出據說在外面的世界達到實用化還需上百年的核融合能量。

作為計劃的第一階段,是要選擇一隻優秀的地獄鴉。
讓太陽的化身,八咫烏附體。
灼熱地獄遺蹟的再燃。
最後馴養這隻烏鴉。

間歇泉便是計劃成功的象徵。


核融合與核分裂不同並不容易失控。而且,也不會產生非常高級別的廢產物。
因此安全性很高能量也極高,是如夢幻一般的能源。

神奈子似乎將其當成經營神社的一環在展開行動。


因為沒有感覺到有什麼太大的危險,得知真相之後地上的妖怪也沒有再去阻撓此計劃了。



但是,被支使前往地底的靈夢她們卻
『那种事情先跟大家说清楚再去做』
如此怒吼著。

○はた迷惑な謎の神様

八坂神奈子と洩矢諏訪子。
新しく妖怪の山の上に神社ごと引っ越してきたという神様である。

今回の事件の発端は彼女達にあった。

――河童のエネルギー産業革命

そう銘打った計画は無事に第一段階を終え、実用化への道を走り始めていた。

その計画とは、使われなくなった灼熱地獄を超高温な炉として再利用し、外の世界ではまだ実用まで百年はかかると言われている核融合エネルギーを取り出すこと。

その第一段階として、優秀な地獄鴉の選定。
太陽の化身、八咫烏の付与。
灼熱地獄跡の再燃。
そして鴉の飼い慣らしである。

間欠泉はその計画の成功の証であった。


核融合は核分裂とは異なり反応が暴走しにくい。また、高レベルな産廃も生まれない。
その為安全性が高くエネルギーも極めて高い為、夢のようなエネルギーであった。

神奈子は神社の営業の一環として行動したようである。


特に危険は感じられなかったので、真相が判った後も地上の妖怪は計画を潰すような事はしなかった。



ただ、地底に行かされた霊夢達は
『そういう事はみんなに言ってからやれ』
とカンカンだったそうな。


關卡流程

關卡 關卡名稱 譯名 地點 中BOSS BOSS
第一關 忘恩の地から吹く風 從忘恩之地吹來的風 幻想風穴
幻想風穴
琪斯美 黑谷山女
第二關 地上と過去を結ぶ深道 連接地面與過去的深道 地獄的深道
地獄の深道
水橋帕露西
第三關 忘れられた雪の旧都 被遺忘的雪中舊都 舊地獄街道
旧地獄街道
星熊勇儀
第四關 誰からも好かれない恐怖の目 誰也不會喜歡上的恐怖之眼 地靈殿
地霊殿
火焰貓燐(貓形態) 古明地覺
第五關 昔時の業火 昔時的業火 灼熱地獄遺址
灼熱地獄跡
火焰貓燐
第六關 荒々しい二つ目の太陽 兇猛狂暴之第二個太陽 地底都市最深處
地底都市最深部
火焰貓燐 靈烏路空
Extra 地獄のラブリービジター 地獄的可愛來客 守矢神社
守矢神社
東風谷早苗 古明地戀

點我返回目錄

ちょっとお茶です(Music Room)

曲目 名稱 譯名 出現場合 Music Room文檔(音樂評論)
1 地霊達の起床 地靈們的起床 標題畫面

標題畫面的主題曲。

跟以往是大同小異了。
若是聲音能夠發出迴響一定會有洞窟的氣氛
便為此做了努力。
洞窟好棒啊。

2 暗闇の風穴 昏暗的風穴 第一面主題曲

第一面的主題曲。
難得身處洞窟,於是採用了對於第一面來說相對陰暗的曲調。

在可愛上添加些許陰森的感覺……但興頭一來
卻又聽不出那種陰森感的圈套。
我倒是挺想玩玩具有速度感的恐怖遊戲呢。

3 封じられた妖怪 ~ Lost Place 被封印的妖怪 ~ Lost Place 第一面BOSS戰

黑谷 山女的主題曲。

相對以往的一面,我進行了比較帥氣的創作。
一如既往的充滿了遊戲感的簡單配樂。
我深感易於掌握的節奏更能推動遊戲的氣氛。

4 渡る者の途絶えた橋 阻絕人跡之橋 第二面主題曲

第二面的主題曲。

深深地潛下去。
減少自我特色而著重對氛圍的表現,可謂道中曲的道中曲。
微妙的和風並不是我有意為之,可以說是自然而然地變成了這樣子。
雖然與話題無關不過洞窟好棒呢。

5 緑眼のジェラシーJelousy 綠眼的嫉妒 第二面BOSS戰

水橋 帕露希的主題曲。

是位患有心病的妖怪。
所以想要做得婉轉感傷一些便成了現在這個樣子。
雖然不象是射擊遊戲的曲子但希望能與射擊遊戲相稱。
最後曲調安定在了這種感覺。

6 旧地獄街道を行く 漫遊舊地獄街道 第三面主題曲

第三面的主題曲。

以和平與喧囂四綻的江戶街道為印象所創作的曲子。
果然歡愉輕快是很好的吧。
這是一首蕩漾著懷舊氣氛的曲子。
走在街上時,真想帶著這首曲子般暢快的心情闊步前行呢。

7 華のさかづき大江山 大江山的花之酒宴 第三面BOSS戰

星熊 勇儀的主題曲。

以強力卻洋溢著玩樂感的氛圍為目標。
其實勇儀,給自己課下了戰鬥中絕不灑落一滴酒的準則。
果然是因為太閒了吧。
讓人覺得,比起人類,地獄的鬼卻更有意思呢。

8 ハートフェルトファンシーHeartfelt Fancy 真情實感 第四面主題曲

第四面的主題曲。
 
在創作時我注意不讓它過於偏向和風。
地靈殿出乎意料的是西洋風的建築。
住在裡面的人也都別具一格。
不過這裡是貓窩。好想被貓養呢。

9 少女さとり ~ 3rd eye 少女覺 ~ 3rd eye 第四面BOSS戰

古明地 覺的主題曲。

她是地靈殿的主人。稍有幻想情調並喜愛動物。
其實是這次地靈殿中的最大牌人物,然而
並不怎麼擅長戰鬥的樣子。
曲風也展現出大人物的以及陰森的感覺。

10 廃獄ララバイLullaby 廢獄搖籃曲 第五面主題曲

第五面的主題曲。

自不再有罪人被打入灼熱地獄,鬼也便不會來訪
這裡似乎就變成了怨靈和動物們的遊戲場所。
老實說我看到不再有人居住的建築物會感到毛骨悚然。
舊地獄也被廢墟所特有的悲涼感包裹著……這樣想像著創作了此曲。

11 死体旅行 ~ Be of good cheer! 屍體旅行 ~ Be of good cheer! 第五面BOSS戰

阿燐的主題曲。

精神得讓人生畏的貓的主題曲。
四、五面都作得比較沉重,便試著一下子變得快活起來。
阿燐推著的車是貓車。你問她在運什麼?
你一定會想要是不問的話就好了。

12 業火マントルMantle 業火地幔 第六面主題曲

最終面的主題曲。

試著做出終於到了最後這樣子的感覺。
在熔岩中進發是射擊遊戲一貫的場景設定呢。
要問我到底想說什麼的話,那就是就算巫女在熔岩之上飛行
也沒什麼不可思議的,就是這樣。當然烏鴉也一樣。

13 霊知の太陽信仰 ~ Nuclear Fusion 靈知的太陽信仰 ~ Nuclear Fusion 第六面BOSS戰

靈烏路 空的主題曲。

我盡力譜出稍有現代感的,單純地有BOSS感覺的曲子。
其實,作為最終BOSS而言她是相當輕量級的妖怪。終究只是鳥嘛。
不過力量是異常強大的。但顯而易見,一個笨蛋擁有再強的力量
也無法為非作歹。啊啊明明是夢幻般的能源來著。

14 ラストリモートLast Remote 最終的遠方 EX面主題曲

Extra面的主題曲。

不知為何有種急匆匆的感覺,但其實並沒有那麼緊急的事。
大家都很悠然自得。
尤其是守矢神社那幫傢伙的悠閒樣,就連靈夢都比不上。
曲名跟某STG一點關係都沒有。

15 ハルトマンHartmannの妖怪少女 哈德曼的妖怪少女 EX面BOSS戰

古明地戀的主題曲。

試著表現出令人毛骨悚然的壞掉的少女的感覺。
實際表現出了附帶陰森樣的BOSS的感覺吧。
其實應該適合在鋪滿薔薇的庭院,荊棘看起來很刺痛的場所戰鬥
這次不知為何是在神社呢。

16 地霊達の帰宅 地靈們的歸家 Ending畫面

ENDING的主題曲。

根據飲至清晨寂寞回家時的印象創作的曲子。
「慶典也結束了」「差不多該跑路啦」這樣在心裡叨咕著
怨靈們便鑽回土中了。
這是何等的大叔怨靈。

17 エネルギーEnergy黎明 ~ Future Dream... 能源黎明 ~ Future Dream... Staff畫面

Staffroll的主題曲。

按往常的感覺做的曲子。一切如故。
這樣就結束啦—的感覺。
雖然結束但曲名卻是黎明。可不讀作tamiaki哦。

點我返回目錄

其他

  • 遊戲界面右側的英文。

TERRANEAN ANIMISM
UBTERRANEAN ANI
MISM SUBTERRANE
N ANIMISM SUBTE

  • REIMU。(靈夢)
  • MARISA。(魔理沙)

註解


參考來源

为本页面评分: